[100記事] 100ページ作ったらPVや収益はどう変わるのだろうか?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 1056

気づけば・・・

54個もの記事を投稿していた。

初心者がブログをはじめたら「100ページ書きなさい」「毎日書きなさい」というような記事をよく目にします。

実際のところ「毎日書かないよりは。書いたほうがいい」「ページ数も多いほうがいい」のはわかっています。

しかし・・・・

読まれもしない記事を永遠と書くのはむなしい。

スポンサーリンク

100ページまで後47ページ

50ページ書いたがアクセスがない

53ページも書いたのに、ほとんど読まれていない。

ペナルティでも食らっているのだろうか?

50

Jo-B / Pixabay

50のイメージでマリリン・モンローのイラストです。

すぐに消す予定だったページや800字ほどの短すぎるページも含めてですが、ついに53ページまできました。

実のところは「当初の予定は50ページをまず書く」でした。

よく皆様が言っている100ページ、その半分の50ページをページ数の目標にしていました。

アクセスがない原因は?

50ページは超えたが、PVがほとんど無い。

Fifty

Joenomias / Pixabay

原因はわかっています、SNSは殆どやっていないので検索が頼りです。

ただグーグルからの相対評価が低いので検索からの導入が無い。

検索導入されない理由は3つ

  1. 新ドメインで作ったばかりのサイトなのでドメインパワーが無い
  2. そしてキーワードはビッグワードばかりで競合強すぎ。
  3. 雑記ブログなので各ページごとの関連が薄い

Three

AdinaVoicu / Pixabay

対応策はあるのか?

  1. 「新ドメインが理由」の場合は、時が解決するのを待たなければ
  2. 「競合強すぎて順位が低い」に関しては、書きたいことを書いているので、ビッグワードであるとか競合が強いとかはしかたがない
  3. 「各ページごとの関連が薄い」に関しては、関連するページ数を増やさなければ

というわけでたいした対応策は出てきそうもないが、細かいことから試行錯誤しながらやっていきたいと思っています。

1.「新ドメイン・・・」に関して

ちなみに「Moz」で調べたらドメインパワーは最低の1でした。

[ドメインパワー ]   Mozで調べたが、1でした

もしかする「とコンテンツの重複」とGoogleに勘違されている可能性があるので、更新予定のないサイトを消しました。

収益的には残しておきたかったのですが、これからは「ここ」と「あそこ」と「あっち」をメインでやっていきたいと思っています。

2、「競合が強すぎて順位が低い」に関して

あきらかにキーワード選択でのミスが多いです、正確にいえばキーワードを全く選択していないので、競合が強すぎたり、検索ボリュームが少なすぎたりするのは仕方がないのかも。

うーん、難しい。

今書いているキーワードでは、1ページ目など絶対に無理。

なぜならば、1ページ目までの半分以上が企業サイトです。

第2キーワードの選択でソコソコ個性が出せれば、ミドルで順位が上がるかも。

そして、第2キーワードのボリュームがソコソコあれば面白いはず。

Keywoed2

Wokandapix / Pixabay

ただしばらくは、ミドルレンジもあきらめています。

偶然のロングテールに期待して、更新やリライトをしていきたいと思っています。

できれば、グーグル・ハネムーンがおこってほしい。

[グーグル・ハネムーン] 来ると信じてサイトを充実したい

3、「各ページごとの関連が薄い」に関して

これにたいする対応は、ページ数を増やすだと思う。

とりあえずの目標は100ページ、コンテンツの重複に気をつけて頑張ってみたい。

重複でなくても、似たようなページがサイト内にあると、検索順位はあきらかに下がります。

何ページかを1ページにまとめてしまったほうが、SEO的にはいいような気がします。

t,kawamura

対応策についてのまとめ

書きたいことを書き散らす場合は自分中心でいいと思うが、PVを意識したページに関してはユーザー視点で文章を書いていく必要がある。

読んでくれた人にまた来てもらえるように、他の記事も読んでもらえるように、それがPVをあげる一番のコツだと思う。

理解はしていても、なかなか実行はできていません。

それどころかページ数を増やすことが目的のような記事を書いたりしています。

[出前一丁」 止めたいのだけど無理だろう お気に入りの食べ方

対応策がいまいちでも、書き続ければ変化があるかも

半年~1年ぐらいで検索順位があがってくるはず

ワードプレスは開始当初は、本当にアクセスが皆無です。

しかし、数ヶ月間はまったくアクセスが無くても「1年もブログを書き続けていれば、そのうち検索順位が上がってくる」というのを経験から知っています

順位がある程度上がった時に、たくさんのページがある方がいいに決まっています。

つまり今から3ヶ月~半年先に向かって、書き続けることが大切なので、100ページを目標に頑張ってみたいと思っています。

3

nastya_gepp / Pixabay

できれば週に3ページぐらい、あと47ページなので14週間(3~4ヶ月ぐらい)で100記事にしたい。

もっと現実的な目標は、週に2ページで21週間(5ヶ月~半年)で達成したい。

たまにはPVを意識して書いてみるのも大事かも

ブログの基本はPV重視です

備忘録として利用しているページは別にして、その他のページは誰かに読んでもらうのが目的でブログを作っているはず。

そのためにはPV重視で書いたほうがいいのは解っていますが、そうなると記事の作成のペースが以上に落ちて書いてても面白くない。

そのうえ、PVを意識して苦労して書いたページがまったく読まれなければむなしくなります。

[ブログ PV増やしたい] PVを目的に書いてみたら、はたして上がるのだろうか?

以前に上記のような記事を書いて、しばらくはキーワードを決めるために検索ボリュームをしらべたり、競合するサイトを研究したり、共起語を調べたり、その他モロモロと色々やってみましたが、今のところたいして効果がありません。

いまは質よりも量(ページ数)優先でやっています。

料理関連で10分~15分ぐらいで、1ページ作ったりもしてみました。

[もずく雑炊] 簡単に出来て美味しいはず

 Strategy

stevepb / Pixabay

以前考えた作戦 検索上位を狙えるページを1つだけでも作って・・・

  1. 「コンテンツが充実して、オリジナルティもあるページを1つだけ、時間がかかっても無理しても頑張って作る」
  2. そしてそのページにつられてサイト自体の評価も上がるはず、また来てくれた人の何割かは他のページも見てくれるはず

しかし現実のところ検索上位に載るたった1つのページを作るのが大変に難しいです。

意識して作っているページもありますが、なかなか現実はきびしい。

ただ1ヵ月後に読み返していますが、作戦としては間違っていないと思う。

結論はでないけど・・・

半年~1年続けていれば、ボチボチとPVが増えてくるのを経験から知っています

ただその時は取り合えず、内容はともかくわりとこまめに投稿していました

Conclusion

Catkin / Pixabay

ある程度のページ数をつくることで、ロングテールで検索にひっかかることもあるし、思ってもいなかったキーワードできてくれる人もでると思います。

ゆえに色々と考えることは大事だけど、「まずは100ページを目指して書いてみようかな?」と思っています。

何回も同じことばかり書いていますが、100ページは本当に大変です。

あと45ページ

Ps・・・ページ数を増やすには「下書き」を増やさなければ

書こうとしている対象が決まっている時は、パソコンに向かい割りと短時間で書き上げる。

しかし決まっていないときは、何について書くかで長時間迷っている。

そして、気づけば・・・

寝ている。

その対応策としては、「たくさんの下書きを作っておく」のが効果的だと思う、たとえタイトルだけでもいい、タイトルが決まれば必然的に見出しも決まる、見出しさえ決まればなんとかなると思います。

ブログ村に登録するとアクセスが増えました

少し前に日本ブログ村に登録しました。

アクセス上昇しました。

[ブログランキング]  ブログ村に登録、アクセス増えるかな? 

[日本ブログ村] ランキングをあげて、検索順位も上げたい

see in summer

ivanovgood / Pixabay

ついにあと6ページ  2018/10/12

あと47ページ  7/6   明日は七夕だー

あと34ページ  8/8

あと27ページ  8/23   今日は台風です

あと6ページ  10/12   100ページ行ったら、「ここ」はしばらく休息。

「ここ」は変わらないが、別のサイトは1ページづつ増えました 2018/10/15

そして「資格とワーク」は74ページ → 75ページ

お小遣い稼ぎなら ネットでポイントサイト」は 32 →35ページまできました

100ページまで、もう少しです(?)。

2018/10/16

ついに「気づけば・・・」100ページ    PVは

少しでもお役にたてれば幸いです

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする