[ドメインパワー ]   Mozで調べたが、1でした

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 160

気づけば・・・

ドメインパワーが大幅に下落?

Mozというサイトで、1日に30個までドメインパワーを調べることが出来ます。

調べてみると、なんといまだに「1」

作って4ヶ月位なのであまり気にしていなかったのですが、むかし利用していたドメインと

比べて、評価の低さとリンクの少なさにビックリしました。

雑記ブログと特化ブログを分けたかっただけなのに・・・

301リダイレクトを使ったほうがよかったのかな?

スポンサーリンク

ドメインパワーとは?

「気づけば・・・」のサイトマップです

ドメインの力だが、グーグルの指標がわからない

Googleは検索順位を決めるとき、指標のひとつとしてドメインの強さを利用しています。

文字通りドメインの力(=サイトの力)のことです。

ドメインパワーが強いほど、検索エンジンで上位表示されやすくなります。

Power

intographics / Pixabay

特にロングテールではドメインパワーは重要です。

ビッグワードでは頑張っても、検索上位20位以内にはいるのは難しいです。

そしてほとんどのユーザーは、検索結果の上位20位以内のページしかクリックしません。

となると、まずはサブキーワードを付けた検索(ロングテール)で上位に表示されたいが、その時点でも重要なのがドメインパワーです。

「ビッグワードでは、ドメインパワーが低いと、どんなに頑張っても検索導入は期待できない」という悲しい事実が存在します。

Mozで調べる方法  注 Googleとは関係ないかも

Mozで検索すると、下記のMozのサイトが出てくるはず

Open Site Explorer: Link Research & Backlink Checker | Moz

さっそく入ってみると

f:id:zakkiblog:20160923140349p:plain

こんな感じです。

どんなアドレスでも調べることが出来ます。

さっそく調べてみた

SEO

kalhh / Pixabay

気づけば・・・

ちなみにこのサイトを調べてみると

 Hide Metrics

 https://sikaku10.work/  「資格と仕事

資格とワークに変更しました
他の運営しているブログでドメインパワーがありそうなところは
「資格と仕事」https://sikaku10.work/です。
 Hide Metrics
直帰率もセッション継続時間も悪くないのに「1」でした。

なんで?

雑記ブログの評価の低いページの影響を受けないように、わざわざ新しく作くったのに・・・
どうして34→1と大きく下がるの?
逆にあがってもいいはずなのに、なぜ大きく下がるの?
アクセス数と運営年数とリンク数以外は、たぶんすべての指標がよくなっているはずなのに、どうして?
こたえはおそらく被リンクの数です。
運営歴は長ほどいいが、3ヶ月以上ならそれほど変わらないと色々な所で書かれている。
アクセスはだいぶん少ないが、もともとたいしてあったわけではない、5桁にも届いていませんでした。
しかしリンクだけは、前のサイトは多かったです。
「気づけば・・・」「資格と仕事」ともに外部から被リンクは0でした。
「以前のドメイン」は被リンクが100を超えていました。

Mozの評価は被リンクが全て?

内容的には記事が増えた分だけよくなっているはずなのに、かなりの記事をリライトして検索順位も上がってきているのに、「1」でした。
上にも書いたように、「Mozの評価は被リンクが全て」ような気がします。
model
ということで結論は、Mozをあまり気にするのをやめよう。
リンクがないのは、どうしようもないですから。
Mozでのドメインパワーを上げるためには?
  1. SNSをもっと利用する
  2. 検索順位を上げる

それぐらいしか考え付きません、二つともムツカシイ。

それにGoogleはMozのことなど気にしていないはず。
Googleが決めた基準で、順位を決めていると思います。
ゆえに、たまに気分転換に見るのはいいが、あまり気にしないでおこう。
でも低いよりは高いほうがいいけど・・・

ドメインパワーを上げるためには?

ドメインパワーを上げる基本的な4つの方法

ドメインパワーを上げる方法は明らかにされている訳ではありませので、推測がほとんどですがおそらく正しいです。

1、コンテンツのボリュームを増やす

当たり前のことですが、検索にヒットさせるためには、そもそもサイトにキーワードが含まれていなければなりません。そのために、サイトのオリジナルコンテンツを充実させることが重要です。

地道にコンテンツの量を増やしていくのが確実な方法です。

2、質の良いコンテンツを目指す  一番大事だけど難しい

最近のGoogle検索ロジックは、単語の出現率や回数よりも、コンテンツのクオリティやオリジナルティを重視しています。

1ページ中に何回キーワードを出現させる、といった小手先の対策よりも、質の高い記事を掲載することで検索上位を狙うのが基本です(しかし難しい)。

3、ドメインパワーの強いサイトからのリンクを増やす

対策するのは難しいが、実現できれば効果が期待できる方法です。

サイトのコンテンツが大手ネットメディアなどで取り上げられ、リンクされるとサイトの信頼度がより高まります。

しかし、ほとんど不可能に近いです。

Like

しかし「はてなブックマーク」なら、運がよければ新着ぐらいには載るかも?

というわけで早速「はてなブックマーク」に早速登録しました。

4、☆サブディレクトリ以下のコンテンツの充実 ☆

これならできるかもというわけで ☆ を使ってみました。

コンテンツを増やす場合は、サブディレクトリ以下に配置させることがおすすめです。

トップディレクトリに配置するよりも、ドメインパワーを上げる効果が見られます。

PVを上げるためにはドメインパワーを地道に上げよう

ただしMozではなくGoogleむけのドメインパワーです

ビッグワード対策は無理、地道にドメインパワーを上げよう

ビッグワード対策は、時間も手間もかかります。

一方スモールワードは、検索される数はビッグワードに及ばないものの、ニーズを拾えればクリック率も高いし、対策のタイムパフォーマンスも良いです。

Rejection

geralt / Pixabay

スモールワード対策を行いつつドメインパワーを上げていくことで、短期間で検索結果の上位を目指すことができます。

これからのSEOはビッグワードの上位表示を目指すよりも、ドメインパワーを上げることに注力したほうがいいです。(もちろんグーグル向け)

「狭く深く」という手段が有効かも

ひとつの分野について専門的に情報を発信する方法です。特定分野の深く良質なコンテンツを作成することでも、ドメインパワーは上げられます。

スモールワードが大事    ニッチな部分で1位をとる

スモールワードは種類が多岐にわたります。

しかし対策を行うことで、ドメインパワーを上げることができると考えられています。

多くの種類のスモールワード対策を行っておくと、検索にヒットする確率が高くなります。その結果、サイト全体の評価やトラフィックが上がってくるはずです。

Small

Alexas_Fotos / Pixabay

301リダイレクトという方法もあったが

301リダイレクトとは、URLが恒久的に変更された場合に用いられる転送処理のステータスコード

通常はこれを使います、サイトのリンクや評価も移行できるからです。

過去においては、301リダイレクトによりいくらかページランクが失われていたようですが、2016年7月26日のGary Illyesのツイートでは、現在は30?系のリダイレクトでは「ページランクは失われない」と発言しています。

移転時に分離した場合でも301リダイレクトは使えたのかな?

この部分がわからなかったので、302も含めてリダイレクトは一切使いませんでした。

1つのサイトだけにリダイレクトするという方法はあったかもしれませんが・・・

しかし、心機一転したいという気持ちを優先しました。

もしリダイレクトしていれば、サイトのコンセプトが大きく変わってしますので、リンクを貼ってくれていた人も戸惑うはず。

301リダイレクトと302リダイレクトの違いは?

301リダイレクトは、”Permanent Redirect”で「恒久的な転送」、一方、302リダイレクトは、”Temporary Redirect”で「一時的な転送」を表します。

Food

Sponchia / Pixabay

301リダイレクト:新URLへ

301リダイレクト(Permanent Redirect)は、コンテンツもURLも転送先の新しい方を表示します。

302リダイレクト:旧URLのまま

302リダイレクト(Temporary Redirect)は、新しいコンテンツをインデックスしつつも、URLは昔の古いURLを残します。

古い記事をインデックスする必要はないので、通常は301を使います。

結論はこのままで、別ジャングルで作りたくなったら昔のドメインを使う

あまりにも低いのでかつてのドメインを使おうかな?

とも思いましたが、・・・

Domain

EstudioWebDoce / Pixabay

しかし、そもそもMozの指標がGoogleと関係ないはずなので、Mozは気にしない。

そして、地道にドメインを育てていこう、と思っております。

また新しいジャングルのサイトを作りたくなったら、かつてのドメインを使おうかな?

というのが結論みたいな感じです。

新ジャングルは、おそらくグーグル・アドセンスの禁止事項にふれるものをあつめた雑記ブログ、そのうちポイントサイト関連を除いたもの。

ただ今のところは、現況のサイトで本当に手一杯なので・・・

No

geralt / Pixabay

Ps・・・Mozでサイトランキングを調べることができない   2018/09/25

2018/08/10 に調べたときは、ドメインパワー(サイトランキング)は1と最低でした。

1ヶ月半が過ぎ、少しはページ数も増えたので再び調べようとしたところ、調べることができませんでした。

Link ExplorerNEW

Get the data you need to do better link building research, smarter content ideation, and link prospecting – in less time.

https://moz.com/link-explorer/

赤ライン部分の翻訳は:

無料のMozアカウントに登録して、1か月に10回の無料クエリを入力してください。アカウントを作る。

という感じでアカウントを登録しないと、調べることが出来なくなってしまったみたいです。

時間がもったいないので、それはまた後日にします。

下記のサイトに続きを書きました。

[ドメインパワー 2]     無料で調べる方法 Moz編

読了ありがとうございました。

少しでもお役にたてれば幸いです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする