IPO(新規公開株)

日本株もアメリカ株も先行き不透明です。
確実性を求めて、IPOを始めてみた。

IPO(新規公開株)

【続 IPO】 完全ノーリスク、0円申し込みのできる証券会社一覧

2020年度の株式市況は、まったく予想がつかない。ほとんど落選なので、IPOは手間がかかります。しかし確実に儲けるためには、IPOを始めるのが一番かも?というわけで、資金拘束がなく、0円で抽選が受けられる証券会社一覧を調べてみた。
IPO(新規公開株)

【IPO】 まずは証券会社選びから  お勧めはSBI証券なのか?

`PO(新規公開株)は、儲かる確率が限りなく高いです。元プロがIPO向けの証券会社について検証してみた。一番はSBI証券でしたが、当選のためには、多くの証券口座保有をお勧めします。