【Google 関連コンテンツ】 Cocoonでの表示方法

Ad 02.27
この記事の所要時間: 955

気づけば・・・

アクセスが減っていた

理由はなんとなくわかっているが・・・

 

おそらく、ページビューの8割以上を占めていたページの順位が、下がったのだろう

もちろん、アドセンス収入も減ってきた

という訳で関連コンテンツを利用してみる

スポンサーリンク

Googleの関連コンテンツ

Googleの関連コンテンツとは?

Google AdSenseにおける関連コンテンツは、サイト内の記事を紹介するリストの中に広告が埋められた広告スタイルのことです。

「広告」と書かれている領域がAdSense広告で、それ以外はサイト内のリンクです(同カテゴリ内の記事が表示されているようです)。

広告は自動で埋め込まれます。

 

おそらく、このページにも表示されているはずです。

30分ほどで表示されていましたが、オール広告でした。

関連記事が無かったのかな?

 

関連コンテンツの効果?    ページビューも上がる

関連コンテンツを取り入れたサイトでは、広告収入が伸びただけでなく、ページビューが9%増加、そして滞在時間が10%延びているらしいです。

 

 

ここ「気づけば・・・」はまもなくサイト開設1周年を迎えます。

正直、今はまだ「収益よりもアクセス数」の段階です。

ページビューの伸び悩みや、減少に苦しんでいる(?)管理人1としては、9%も伸びるとしたらウレシイ限りです。

 

ゆえに「関連コンテンツ」発動です。

 

 

関連コンテンツ利用は、一定条件を満たす必要あり

Google AdSenseの関連コンテンツは、全てのユーザー・サイトで使えるわけではありません。

特定の条件を満たしたサイトでのみ使用することができます(使用許可がAdSenseアカウント単位ではない)。

サイト単位での使用が可能みたいです。

※「このサイト」では利用できても、「資格とワーク」では利用できない模様

 

資格とワーク
文系サラリーマンへ底辺資格をお勧めするブログ

 

Mall 03.07

GDJ / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、その一定条件とは?

Googleが公式見解を出していないので、関連コンテンツ許可の条件はわからないです。

ネット上でも色々な意見が飛び交っています。

 

しかし、なんとなくページ数が重要な要素を占めている気がします。

理由としては、「気づけば・・・」で許可されて、「資格とワーク」で許可されていない、からです。

 

  1. PV
  2. 滞在時間
  3. リターン率
  4. 検索導入数

上記4つでは「資格とワーク」が大幅に上まっています。

 

唯一「気づけば・・・」が勝っているのは、ページ数だけです。

「気づけば・・・」  :152ページ

「資格とワーク」   :98ページ

※もちろん同時期の開設なので、更新頻度も「気づけば・・・」の方が多いです

 

 

「資格とワーク」は、文系サラリーマンにブルーカラー転身をお勧めするブログです。

内容的にも、「資格とワーク」の方が、検索者の役にたつと思っています。

しかし、なぜが「資格とワーク」では、関連コンテンツ広告が許可されていません。

 

 

ゆえに、「ページ数」や「更新頻度」が大きな要素を占めているような気がしています。

 

Cocoonでの関連コンテンツ表示方法

ここからが本題です。

ウェジェットを使えば、簡単にできました。

 

1. 関連コンテンツの広告ユニットを作成する

  1. 「Google AdSense」にアクセス
  2. 「広告」→
  3. 「広告ユニット」→
  4. 「新しい広告ユニット」→
  5. 「関連コンテンツ」

 

設定画面が表示

  1. 対象サイトの指定
  2. 広告ユニット名入力(例、気づけば、関連コンテンツ広告ユニット)
  3. 保存してコードを取得

コードスニペットが表示されますのでコピーします。

 

※右下の「作業完了」をクリックすると広告ユニットの設定が保存でき、後日またコードを取得できます

 

WordPressで表示設定をする

  1. 「ダッシュボード」
  2. 「外観」
  3. 「ウェジェット」
  4. 「投稿SNSボタン下」(今回はここにしました)

 

  1. 投稿SNSボタン下で「ウィジェットを追加」をクリック
  2. ウィジェット一覧から[テキスト]を選択
  3. さきほどコピーしたコードスニペットをテキスト入力欄に貼り付け
  4. 「完了」をクリック

 

なお、テキストウィジェットのタイトルに「関連コンテンツ」と入力すると、関連コンテンツの左上に「関連コンテンツ」と表示させることができます。

 

 

貼り付けてから表示まで1時間ぐらいかかります。

 

従来の関連記事を非表示にする この段落だけが「Cocoon」特有

 

WordPress編集画面内にある「Cocoon設定」の投稿タブ内に「関連記事表示設定」があります。

 

  1. 関連記事を表示するのチェックを外す
  2. 「変更をまとめて保存」をクリック

すると、今まで表示していた関連記事が、表示されなくなります。

※今は以前の関連記事も表示しています

 

ここの作業だけがCocoon固有の設定方法になります。

他のテーマだと設定方法が異なります。

 

表示確認

今この記事を書いている段階では、表示はまだだと思う。

今日は所要を済ませてから寝ますので、明日にでも確認したいと思っています。

 

関連コンテンツが表示されていたが、100%広告だけでした。

関連するページの表示はゼロでした。

なして?

Secret 02.27

366308 / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

フィフティ・フィフティでいい感じになっていました

広告だけが表示されるというのが、あまりにも不自然なので、知人のスマホを借りて確認してみました。

なんと、ちゃんと同カテゴリーの記事も表示されていました。

広告の割合は半分ぐらいで、いい感じでした。

 

 

このページを見てくれている貴方の場合には、どんな割合で表示されていますか?

 

関連コンテンツ広告の効果は?

世間では評判はいいが・・・

どのサイトでも「クリック率・報酬が上がった。そしてPVも上がった」と書いてあります。

このサイトの目的はPV増加ですが、きっとそれにも効果はあるはず。

また、経過報告を追記したいと思っています。

 

経過報告   5日経ちましたが、今のところ最悪です

クリックはなんと2回だけ、しかも異常に単価が安い。

アドセンス報酬は、半分以下になっています。

しかし、それはまだ許せるとして・・・

 

PV激減です。

最盛期の半分近くまで落ち込んでいます。

にほんブログ村がリニューアル中で、ブログ村からの導入が期待薄というのも大きいですが、「資格とワーク」の方は、順調に日々微増しています。

どちらにしても1ヶ月ぐらいは様子をみるつもりです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まとめ   Cocoon以外でも同じです

テーマCocoon向けに、Google AdSenseの関連コンテンツの表示方法を備忘録もかねて書いてみました。

しかし、この方法はCocoonに限らず、どのテーマでも設定が可能です。(違うところは、前からの関連記事の非表示の方法だけ)

 

 

関連コンテンツは一定の条件を満たすことで、表示させることのできる広告ユニットです。

定期的に関連コンテンツが設定できるようになってないか、AdSenseで確認することをお勧めします。

管理人1の場合、100記事を超えて、週のPVが300~400ぐらいの時に表示されていたような記憶があります。

 

 

 

「一定の条件」は今のところ明示されていないですが、PVも含め条件がいいはずの「資格とワーク」では許可されていないので、「ページ数」や「更新頻度」もけっこう重要な要素だと思っています。

結果のほうは後々に追記していくつもりですが、許可されないよりも格段にいいのは自明の理です。(関連コンテンツを剥がすのはいつでもできますから)

 

関連コンテンツの開放を目的に、他のサイトでもページ数を増やせるように精進していきたいと思っています。

 

Ps・・・

関連コンテンツは表示されていましたが、オール広告です。

このブログ内のコンテンツも表示して欲しいのに、オール広告です。

これだと、回遊率が全然上がらない。

 

何故だ?

ネットで調べても、同じ悩みを持つ方は多いみたいだが、解決策は見つからない。

3日ほどたったが、広告以外の関連コンテンツが表示される様子は無い。

 

また、3日間で「関連コンテンツ」のクリックはゼロでした。

そして、PVは毎日のように下がっていく。

 

 

しばらくは忙しいので更新もできそうにない。

セッションも毎日のように下がって行っているが、しばらくは様子見でいくしかない。

うーん、なんとなく困った、そして「あまりおもしろくない」

 

読了、ありがとうございました

また、後日にでも追記したいと思っています。

また、どこかで・・・、もといこのページで・・・