税金と年金

pension

税金と年金

【教育資金贈与信託】生前贈与商品としては○だが、教育資金限定です

資産家向けの記事ではありません。2015年の相続税増税により、いままで非課税だった世帯に相続税がかかってくるケースが増えているはず。教育資金限定だが、一括で相続人1人あたり1500万円まで贈与できる「教育資金贈与信託」をお勧めしています。
税金と年金

【国民年金未納 時効を狙う】 払えなくて滞納でも無視は駄目?

国民年金を未納のまま滞納している方へ、「特別催告状」の無視は危険です、「最終催告状」を経て「督促状」までいけば、時効中断です。電話は無視してもかまわないが、ピンク色の封筒は中身を確認しましょう。
税金と年金

【相続税 節税】 節税成功には仕事で成功以上の価値がある

資産化向けのページではありません。2015年の法改正で相続税が心配になってきた一般家庭向きの記事です。仕事にかまけて放っておくと、多額の税金がかかってきてもったいない。稼ぐよりも節税かも?
税金と年金

【相続税 改悪】 どんな税金でもできるだけ払いたくない

平成27年に相続税法が改悪されました。ボンヤリとは気にして多少の対策はしていましたが、しっかりと確認する必要に駆られています。この国に住む限り、税金だけはどうしようもない。常日ごろからの対策が必要です。
税金と年金

【小規模企業共済制度】 所得控除できるので節税メリットは大

税金大国日本。この国では、税金を払わないと罪に問われる。でも何とかして節税したい。サラリーマンには節税手段は限られているが、起業をしたら早めに「中小企業共済制度」への加入をお勧めします。
税金と年金

【なんとか状】 さいこく状は、青→ピンク と変わっていきます 

国民年金の払い込み時効を目指して頑張る、8ヶ月ほどを残して時効成立しているはず。今回は「催告状」の読み方と封筒の色についてです。「催告状」は「さいこくじょう」と読む。「督促状」までいけば危険ですが・・・。また封筒が赤くなると→「最終催告状」→「督促状」となっていくかも?
税金と年金

【国民年金 猶予】 免除と猶予の違いとは?  学生納付特例制度も

国民年金を払わないためには、免除申請がお勧めです。しかし免除は基準が厳しい。今回は基準がゆるい納付猶予について書きました。29歳→49歳に拡大された若年者納付猶予制度と学生納付猶予精度についても記載。
税金と年金

【国民年金 免除】 年収一覧

国民年金の保険料納付が遅れると、最近ではすぐに催告状(さいこくじょう)が送られてきます。あまり気分のいい門ではありません。一番いいのは払うこと(?管理人1の意見は違います)、2番目のお勧めは免除です。通るかどうかは別にして、免除申請は簡単にできます。
税金と年金

【副業禁止の公務員】 でもお小遣いぐらいは稼ぎたい

公務員は副業禁止が明文化されています。はたしてアフィリエイトやポイントサイトが副業に当るのか?上手な立ち回りを考えてみた。ポイントのまま受け取りそのまま消費なら安心です。そして、クリック報酬型は複数の家族名義で。
税金と年金

【楽天デビットカード】 楽天スーパーポイントがそのまま使えます 

ついに「楽天デビットカード」で楽天スーパーポイントが直接使えるようになりました。副業禁止の公務員や会社員には朗報です。また節税やお小遣い節約にも有効に使えます。