【AMP】「Cocoon」なら簡単でした 

?mark 05.24
この記事の所要時間: 192

気づけば・・・

いつも、何かを調べている
今回は、AMPについて調べてみました
AMPがうまく動いていないような気がします。
スマホからの導入も増えてきましたので、なんとかAMPに対処したい。
スポンサーリンク

AMPとは?

以前のテーマは「Simplicity」でした。

現在は、「Simplicity」の後継テーマ(?)「Cocoon」を使っています。

無料テーマなのに、国内最速に近いです。

しかも、SEOは基本的にフリー、開発者様に感謝。

Googleが推奨しています

AMP(Accelerated Mobile Pages)

英語の略です、そのまま考えればオッケーです。

Acceleratedは加速、加速されたモバイル・ページ。

Googleが開発したモバイル端末でWebページを高速表示するためのフレームワーク(AMP HTML)のことです。

 

 

そして、AMPを利用しているページは、検索で優遇されるらしい。

 

 

Hart12.05

eommina / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

グーグル・アドセンスは、あまり見ないようにしています。

しかし、この半年間ずっと「AMPに対応しろという最適案」が表示されている。

もしかしたら、AMPがうまくいっていないのだろうか?

自分では半年前に、プラグインで対応したつもりになっていました。

でも、AMP不具合のメールも多いし、上手くできていなかった、のかな?

その通りです、上手くいっていなかった。

利用したプラグインに不具合があったみたいです。

 

AMP導入の4日後に、一気にアクセスが4倍近くになりました

 

アンプ=AMPです。

AMPという文字を見出しに入れるとエラーが出るため、AMP→アンプにしています。

「Cocoon」なら、エラーは出ないです。

 

「気づけば・・・」        急増

2018/12/04に、プラグインAMP for WordPress を停止して、シムプリシテイのAMPベータ版を有効にしました。

12/08に、アクセスがほぼ4倍まで上がっていました。

※ただし、直帰率と継続時間は悪化しています、そしてAMPエラーが出まくりです。

※現在、テーマはCocoonにしています、快適です。

 

「ネットでポイントサイト」    微増

「気づけば・・・」と同じ日に同じ事をしたのだけど、

12/08時点では、平均より2件ほど増えただけでした。

たぶん、「気づけば・・・」はソコソコの順位がいたので、少し上がると1ページ目とかに表示されたのかも・

そして、「ネットでポイントサイト」は、圏外がほとんどだったので、少々あがっても関係なかったのかも。

となると、はてさて次に予定している「資格とワーク」ではどうだろうか?

 

資格とワーク    2019/03/24追記

また、後日追記します。

「資格とワーク」もその後に変更しました。

もともとPcからの導入が多かったので、アクセス自体は微増と増加の間ぐらいでした。

 

しかし、4ヶ月後の現在、全てのサイトで毎日アクセスが減り続けています。

3月の月初のグーグルのアルゴリズム変化が、原因の1つだと思っています。

すべてのページの順位が、少しずつ下がり、検索導入は1/3以下になりました。

でも「資格とワーク」は特化型サイト、検索以外にも固定ユーザーがついていましたので、PV減少は少しですんでいます。

詳しくは以下のページで・・・

 

プラグインを使っていたが、いつも不調

プラグイン AMP for WordPress を使っていたが、上の段に書いたように、上手く動いていない気がしています。
テーマ(Simplicity)との相性が悪いのかも?
別の方法を模索する必要性が、でてきたみたいです。
結論として、Simplisity のデフォルトのAMPを利用しましたので、プラグインは無効にしました。
※現在はテーマ「Cocoon」でAMPに対応しています
Transfers12.05

geralt / Pixabay

Simplicityなので、もっと簡単な方法があった

この段落は、情報的に古いと思います。

Simplicityを使っている人には、「Cocoon」への乗換えを推奨します。

作者さんが一緒なので簡単でした。

 

ベータ版を利用

Q:ベータ版とは?

A:β版(ベータ版)とは、試用版のこと。
ベータ版(ベータばん、β版)とは、正式版をリリース(公開)する前にユーザーに試用してもらうためのサンプルのソフトウェアである。ベータバージョン、試用版(しようばん)という場合もある。
テーマがシムプリシティなので、AMPを簡単に実装する方法が、ありそうなことは、解っていました。
ただ、ベータ版ということで不具合等がありそうなので、なんとなく避けていました。
しかし、「AMPがうまく表示されていないと」Google AdSensuから半年近くも指摘され続ければ・・・
「思い切って、ベータ版を使ってみよう」というわけです。
Nurse12.05

iirliinnaa / Pixabay

 

 

 

 

 

外観→カスタマイズ→アンプにチェック

※アンプ=AMPです

 

不具合があると困るので、一番アクセスの多い「資格とワーク」は避けました。

そして、2番目に多い、ここ「気づけば・・・」も避けました。

選んだサイトは「お小遣い稼ぎなら ネットでポイントサイト

 

 

本当に簡単でした。

ほんの数十秒で作業終了です。

  1. 外観
  2. カスタマイズ
  3. AMP

だけです。

編集画面からサイトをチェックすると、AMPのテストというのができていました。

テスト結果は、下の段の1、に書いたように良好です。

 

 

アンプページにも、グーグル・アドセンス

そして、ダッシュボード→外観→カスタマイズで「AMP」用のグーグル・アドセンスの貼り付け方】というのも発見しました。

  1. ダッシュボード
  2. 外観
  3. カスタマイズ
  4. 「AMP」用のグーグル・アドセンスの貼り付け方

 

 

 

 

しかし、「お小遣い稼ぎなら ネットでポイントサイト」には、Googleは貼らないので、ここ「気づけば・・・」でも同様にベータ版を使ってみました。

※2、気づけば・・・

アンプ・テストの結果

1.【お小遣い稼ぎなら】 ネットでポイントサイト

下記のように良好みたいです
テスト日時: 2018/12/05、18:13 有効な AMP ページです 
このページは、Google 検索結果の AMP 検索機能の対象です
検索結果をプレビュー
AMP HTML を表示推奨する対応構造化データが有効なページ
このページは、Google 検索結果の AMP 拡張機能の対象です。
検索結果で AMP 関連の機能をさらに活用できるよう、
追加の値を指定できるかどうか確認してください。
省略可能な値を探す

2.気づけば・・・

こちらも、上手くいっているみたいです。
テスト日時: 2018/12/05、18:19 有効な AMP ページです 
このページは、Google 検索結果の AMP 検索機能の対象です
 推奨する対応 構造化データが有効なページ 
このページは、Google 検索結果の AMP 拡張機能の対象です。
検索結果で AMP 関連の機能をさらに活用できるよう、
追加の値を指定できるかどうか確認してください。 
省略可能な値を探す その他のリソース 
 AMP に関するドキュメント  Search Console の AMP レポート
※Cocoonなら、もっと簡単です。
https://kizukeba.com/cocoon2
Goodle AdSense12.05

jay88ld0 / Pixabay

 

 

 

 

AMPページに、グーグル・アドセンス

作者のわいひら様に感謝

 

Simplicity利用時に、AMPページに表示するアドセンスの設定方法は、Simplicityの作者様のサイトに詳しく載っています。

こちらも簡単でした。

 

以下の方法で、「広告 300×250」ウィジェットエリアにAdSenseコードを設置している場合は、わざわざAMP用に広告を設置する必要はありません。

AdSenseコードが以下のように、テキストウィジェットで設置されている場合は、AMP用広告の設定は不要です。

広告300×250にAdSenseコードが設置されている_thumb

 

 

つまり上記のようになっていなければ、上記のようにすればいいだけ。

それだけで、アドセンス広告がAMPページに表示される、はず。

 

 

メモとして単純にまとめてみた  AMPにもアドセンス

ウィジェットの「広告 300×250」にテキスト(任意のテキスト)を持っていって貼り付ける。

アドセンスのページで新規広告で「長方形」→「広告300×250」→コードをコピー。

そして、ウィジットにコードを貼り付ける。

 

  1. 「広告 300×250」にテキスト(任意のテキスト)を持っていって貼り付け
  2. Google AdSenseにログイン
  3. 広告作成
  4. サイズ 推奨→長方形
  5. 300×250
  6. コードをコピー
  7. ウィジェットに貼り付け

 

 

上記みたいな感じで簡単にできました。

 

Cocoonならもっと簡単です。

しかも、関連コンテンツ広告まで、AMPページに表示できます。

 

 

 

 

 

good12.05

Lazare / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この状態でしばらく観察してみたいと思います。

結果がでればまた追記します。

結果というのは3つについてです。

 

  1. 表示がうまくいったか?
  2. アドセンス広告は表示されたか?
  3. そして、気になるアクセス数の増減は

 

PVについては、今回触っていない「資格とワーク」と比較しながら、調べてみたいと思っています。

 

Ps・・・経過報告  AMP対応は成功、PVも増加です

 

12/06に「気づけば・・・」で、プラグインを無効にしてSimplicity  に最初から備わっているベータ版でampを利用してみました。

「資格とワーク」はそのままです。

 

 

翌日に「気づけば・・・」の検索からの導入が10%以上伸びていました。

「資格とワーク」では、いつも通りの微増です。

 

サイト名12/0612/07増減率
気づけば・・・26・・30・・114%
資格とワーク22・・23・・101%

 

週に1度ぐらいサーチコンソールでチャックしています。

もともとは「気づけば・・・」の検索導入はほとんど無かったのですが、ここ1ヶ月ほどは、2サイトは似たような感じで動いていました。

 

 

ampの設定方法を変えた翌日に、大きな差がつくということは、AMP化に関しては、上手くいったのかも。

もう少し様子をみて「資格とワーク」も変更しようかな?

 

Ps・・・のPs・・・   またAMPエラーが

検索導入は大幅にアップ

AMP化はPV増加に効果的です。

スマホからのアクセスが3割ぐらいだったのが、6.5割ほどに増加しています。

パソコンからのアクセス数は変わらないので、スマホで増えた分が純粋に増加です。

 

 

しかし、以下のような大きな問題が3つ発生しています。

  1. 他のページへの動線が見えにくい
  2. AMPエラーが頻発
  3. 広告が表示されていない

 

回遊率が大幅に下がった気がします

 

検索導入数とPV数/セッション

サイト名12/0612/07ページ/セッション
気づけば・・・26・・30・・1.37
資格とワーク22・・23・・2.32

 

※セッションとは:訪問してくれた数です

「気づけば・・・」の「ページ/セッション」は、1.6ぐらいはあったのに激減です。

あきらかに回遊率が下がっています。

ただ、トータルのpvは、検索導入の増加がかなりあったので、1割以上増えています。

 

 

 

アンプエラーがまた出ているみたいです

また・・・というわけです。

今回のAMPエラーは、解かりやすいような気がします。

しかし、対応する気は全くなし。

何故ならば、時間がもったいない。

 

 

 

 

今回のエラーの内容は以下のとおりです

タグ「a」の HTML 属性「href」の URL プロトコルが無効です

開始前
2
エラー タグ「amp-iframe」に必須属性がありません – [‘src’, ‘srcdoc’] のいずれかを選択してください。

開始前
1
エラー タグ「FORM [method=GET]」には拡張機能 JavaScript の「amp-form」が含まれている必要があります。

開始前
1
エラー タグ「FORM [method=GET]」の HTML 属性「action」の URL プロトコルが無効です

開始前
1
エラー 必須属性「height」がタグ「amp-iframe」にありません。

開始前
1
エラー タグ「span」の HTML 属性「id」の値が無効です

開始前
1
エラー 許可されていない属性が HTML タグ「input」にあります

開始前
1
エラー URL が見つかりませんでした(404)
該当なし

Gmail – Google より

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おそらく色々と調べれば、素人の管理人1でも対応できそうな気がしています。

でも、時間が・・・

管理人1~4が、ブログに費やす時間は、1日あたり1時間ぐらいです。

調べ物をしていたら、あっという間に時間は過ぎていきます。

 

 

 

いまは不具合に対応するよりも、ページ数を増やしていく時期だと思っています。

そして、たとえ一時的に検索順位を下げられても、コンテンツの問題ではないのだから、またあがってくると思っています。

ゆえに、エラーはそのままにしておく。

 

 

 

 

AMPに関しては、Googleが珍しくミスったような気がしています。

でも、検索上位にはAMPページが大量に載っています。

ゆえに、属性の違う来訪者が欲しい「資格とワーク」も、SimplicityのAMPベータ版を利用しようかな、と考えています。

 

広告が表示されていない

AMPページを自分で確認しているのですが、広告が一切表示されていません。

今はまだPV増加が優先なので、広告が表示されなくてもいいのだけれど・・・

でも、もともとパソコンがメインだったのに、AMPベータ版を利用してからは、スマホからの導入が70%を超えているので・・・

 

そして、Google AdSenseだけでなく、「ヨメレバ」「カエレバ」も上手く表示されていません。

Ps・・・忍者マックスも駄目みたいです。

ただ、広告の問題については、時間さえかければ、調べて何とかなりそうです。

 

 

 

 

顛末については以下のページに・・・

【Google Adsense】 アドセンスが貼れないサイトには、何を貼る?

【もしもアフィリエイトでヨメレバ】 きれいな書籍写真をつかいたい

 

 

 

Temptation12.11

C_Scott / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論:資格とワークにも「Cocoon」でAMP

 

AMPと普通のモバイルページでは、あまりにも検索順位が違います。

ここ「気づけば・・・」では、AMPページにかなりの人が、検索から来てくれる様になりました。

PVで数倍ほど差をつけられていた「資格とワーク」を抜くような勢いです。

セッション数が増えましたので、回遊率が下がってもPV は激増です。

 

 

 

AMPベータ版を使うと、AMPエラーは間違いなく出ると思います、そして広告も上手く表示されないと思います。

しかし、できるだけ多くの文系サラリーマンに、「資格とワーク」を知って欲しい。

ゆえに、「資格とワーク」も、AMP化しました。

 

 

 

そして、アクセスは増加したが、AMPエラーが頻発しています

今回は404(見つからない)ので、なんとか対応しなければ・・・プラグインで301リダイレクトしました

 

 

AMPエラー(404)の対処方法については以下のページで

【AMPエラー】 404 AMPエラーはプラグインで解決

 

 

全てのページの404エラーは、プラグイン Simple 301 Redirects で、301リダイレクトする事により解決できました。

確認したところ、全て上手く転送されていました。

 

 

 

読了、ありがとうございました。

それでは、またどこかで・・・