【301リダイレクト】 404 AMPエラーはプラグインで解決

Plug-in12.13
この記事の所要時間: 1917

気づけば・・・

スマートフォンからのアクセスが、急増していた

AMP化が成功したおかげかな?

 

 

しかし、大量のAMPエラーが出て困っています

 

スポンサーリンク
  1. アンプとは?
  2. 今回出たエラーの内容   404 URLが見つかりませんでした
    1. 10件の404エラーが来ました
    2. 404は予想通りのエラーです
  3. 404については301リダイレクトで対応できるはず
    1. 301リダイレクトとは
    2. 【初心者には非推奨】 通常は アンプ を辞めて、ampページのURLを正規URLにリダイレクト
    3. 301 リダイレクトの3つ前提条件
    4. 301の使えるサーバー一覧
  4. 旧アンプのページを、新しいアンプページへ、リダイレクトしたい
    1. 「エーエムピー for WordPressを止めて、Simplicityでアンプ対応する方法」を解説しているサイトがあった
    2. アンプの仕様を見分ける方法
  5. 【推奨】 プラグイン Simple 301 Redirects  で301
    1. プラグイン Simple 301 Redirects のインストール方法
    2. プラグイン Simple 301 Redirects の使い方
    3. Simple 301 Redirects
    4. 早速、実験として「ネットでポイントサイト」でやってみた
    5. 成功しました、サンプルを貼っておきます
    6. 残りはこのサイトのアンプ 404エラーです
  6. 重要事項   サイトマップ(xml)の送信
  7. アンプ・キャッシュの更新    備忘録の段落
  8. アンプ 404エラー解消のメールが届きました
    1. 「ネットで・・・」は、5日でエラー解消を確認しました
    2. 「資格とワーク」の方は何時ごろにメールが来るのだろう?
    3. カバレッジとは?
  9. Ps・・・アンプ404エラーを解消したら、アドセンス収益が一気に増えました
  10. Ps・・・テーマをCocoonしても使っています

アンプとは?

アンプ(AMP)とは、Accelerated Mobile Pagesの略です。

アンプと読むらしい、です。

AMPはモバイルユーザーが快適にホームページを閲覧できるようにすることを目的としてGoogleとTwitterが共同で立ち上げたオープンソースプロジェクト。

、一般的にはモバイル端末で、キャッシュを用いることにより、高速でページを表示させる方法の事です。

 

 

High-speed

intographics / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回出たエラーの内容   404 URLが見つかりませんでした

 

AMPエラーが大量に出るのを承知で、「資格とワーク」もAMP化の方法を変更してみました。

理由はグーグル検索でできるだけ上位に表示されろことで、アクセス数を増やすだけではなく、「資格とワーク」のペルソナに近い人にサイトの存在を知ってもらいたいからです。

【AMP  Simplicity】  ベータ版利用で簡単でした の概要でした。

 

 

 

10件の404エラーが来ました

そして予想通り、翌日には「AMPエラー」のメールが届いてました。

サイト https://sikaku10.work/ で「AMP」の問題が新たに検出されました

https://sikaku10.work/ の所有者様

Search Console により、貴サイトに影響する「AMP」関連の問題が新たに 1 件検出されました。 「AMP」は Google 検索結果で悪影響を受ける可能性がございます。 この問題をご確認のうえ、修正することをご検討ください。

 

新たに検出された問題:

URL が見つかりませんでした(404)

Gmailより転記

Seach Consoleを利用して、AMP件の問題を修正

404(URL)が見つかりませんでした

 

 

 

404のエラーが10件ほど出ていました。

AMP バージョンの URL 前回のクロール

https://sikaku10.work/syoubou-6rui-2/amp 該当なし

https://sikaku10.work/how-to-study/amp 該当なし

https://sikaku10.work/denken/amp 該当なし

https://sikaku10.work/syoubou-6rui-6/amp 該当なし

https://sikaku10.work/biru-kanrisi-2/amp 該当なし

https://sikaku10.work/denkou-hikki-2/amp 該当なし

https://sikaku10.work/biru-kanri-shi/amp 該当なし

https://sikaku10.work/personal-statement/amp 該当なし

https://sikaku10.work/syoubou-4rui/amp 該当なし

https://sikaku10.work/syoubou-6rui-4/amp 該当なし

 

 

 

 

プラグイン Simple 301 Redirects  を使う場合は?

例として1つ上げておきます

/syoubou-6rui-4/amp → https://sikaku10.work/syoubou-6rui-4?amp=1

 

 

 

Google Analytics12.13

Crazyarts / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

404は予想通りのエラーです

プラグイン 「AMP for WordPress  」が上手くいかなかったので、別の方法でAMPに対応しました。

【AMP】  Simplicity ベータ版利用で簡単でした

その方法で上手くいっているみたいですが、以前作られたAMPページのURLだけがウェブ上にに残ったままになっている。

そのため、404が出る。

 

 

 

本当は面倒くさいからほうっておきたい。

しかし、見つからないページを見てみると、そこそこアクセス数があったページがほとんどでした。

※というか「資格とワーク」では、検索上位のページばっかりだした。

となると、なんとか対処しなければ・・・

 

 

 

404については301リダイレクトで対応できるはず

301リダイレクトとは

301や302というのはW3Cが定めるステータスコードの一種で、301や302はリダイレクトを意味します。
301リダイレクトは、Permanent Redirect(恒久的な転送」を意味し、サイトやページを完全に移動させることです。

 

 

旧 URLが持っている Googleからの評価を引き継いで転送することができる(悪い評価も引き継ぎます)のが301 リダイレクトです。

 

今回は評価の高いページだったので、301で評価を引き継がなければ・・・

ページがなくなってしまうだけではなく、グーグルからの評価も失われてしまう。

なんとか301リダイレクトを設定し、新しいサイトにユーザーを誘導するとともに、ページ評価も正しく引き継ぎたい。

 

 

 

リダイレクトには301と302がありますが、今回は301で対応します。

302でも評価は引き継ぐみたいですが、読み込みスピードが遅いらしいです。

ゆえに、メインテナンス等の時以外は301推奨です。

 

 

 

 

【初心者には非推奨】 通常は アンプ を辞めて、ampページのURLを正規URLにリダイレクト

  1. 正規ページ (rel=”canonical” で指定しているページ) の HTML コードから、rel=”amphtml” を削除
  2. AMP ページの URL を、対応する正規ページの URL に 301 リダイレクト

 

 

上のように書きましたが、イマイチ意味が解かりません。

ドシロウトの管理人1には、荷が重い。

HTMLやPHPを触るのは、できる限り避けたいです。

 

 

301 リダイレクトの3つ前提条件

301 リダイレクトを使うには、以下の3つ前提条件があります。

  1. .htaccessが使えるサーバーであること
  2. Apache(アパッチ)というウェブサーバーを使っていること
  3. 「mod_Rewrite」という機能をサポートしているウェブサーバーであること(推奨)

 

 

301の使えるサーバー一覧

企業が使うような大きなサーバーは大丈夫です。

個人利用に向いた低価格のサーバについて載せてみました

レンタルサーバーApache対応mod_rewirteサポート
さくら インターネット  ◯
ロリポップ ◯
Xserver
WADAX ◯

wpXserver は Xserver が運営しています、ゆえに301は使えます

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

旧アンプのページを、新しいアンプページへ、リダイレクトしたい

「エーエムピー for WordPressを止めて、Simplicityでアンプ対応する方法」を解説しているサイトがあった

 

今回のケースにピッタリのサイトがありました

iSchool というサイトです。

 

AMPプラグインを止めて、SimplicityでAMP対応する手順

AMPプラグインを止めて、SimplicityでAMP対応する手順を紹介します。AMPコンテンツを301リダイレクト

1.AMPコンテンツを301リダイレクト
2.SimplicityのAMP機能を有効にする
3.AMPプラグインを削除
4.新しいURLでAMPページを確認
5.AMPキャッシュの更新
6.AMPエラーを潰す

 

iSchoolさんの推奨は

  1. 301リダイレクトを設定してから
  2. SimplicityのAMP機能を有効にする
  3. その後に、プラグインAMP for WordPress を削除
  4. AMPキャッシュの更新

でした。

 

 

しかし、今回は1、の301リダイレクト設定の前に、2、と3、をしているので、AMPエラーが出てしまったということです。

やはり、シロウトが軽はずみな事をすると、失敗が多いですね。

 

 

 

アンプの仕様を見分ける方法

 

AMPプラグインの場合・・・通常サイトのURLの後ろに「/amp」
Simplicityの場合・・・・・・通常サイトのURLの後ろに「?amp=1」

です。

 

最後が/ampのページを探して、作業をしていくことになりそうです。

エラーが出たページが解かっているので、取り掛かることにします。

 

 

 

Comparison12.13

3dman_eu / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【推奨】 プラグイン Simple 301 Redirects  で301

色々な方法があるみたいですが、全てが難しそうなので、プラグインを探してみた。

そして、1つ発見しました。

Simple 301 Redirects というプラグインです。

 

プラグイン Simple 301 Redirects のインストール方法

  1. WordPressの管理画面
  2. プラグイン
  3. 「Simple 301 Redirects」で検索
  4. プラグインを追加
  5. プラグインをインストール
  6. 有効化

 

プラグイン Simple 301 Redirects の使い方

  1. 設定
  2. 「301 Redirects」を選択
  3. 「Simple 301 Redirects」の設定画面に移動します。

 

 

 

 

 

二つあるテキストエリアの左側に転送前のアドレスを入力し、右側に転送後のアドレスを入力します。

 

Simple 301 Redirects

 

下記のような画面が出てきます

RequestDestination
例:/about.comやnet例:https://about.comやnet
検索窓検索窓Delete

 

 

 

左側のテキストエリアは 「/kizukeba.com」 のようにディレクトリ名から入力するだけで良いそうですが、右側のテキストエリアは 「https://kizukeba.com/amp-error/」 のように、転送先のアドレスを全て入力する必要があります。

 

入力が完了したら「変更を保存」を押せばリダイレクト設定が完了です。

試しに旧アドレスにアクセスしてみたら、ちゃんと設定したアドレスに転送されていました。

管理人1の初301リダイレクトでした。

 

 

 

早速、実験として「ネットでポイントサイト」でやってみた

1、かなり前のグーグルからのメールを開き、404エラーに該当するページを探す

 

https://point-site.net/okodukai-point-saite/amp
https://point-site.net/family/amp

 

2、上記の /amp?amp=1 に変更すればいいはずです

 

 

 

成功しました、サンプルを貼っておきます

 

左側右側
/family/amphttps://point-site.net/family?amp=1/
/okodukai-point-saite/amphttps://point-site.net/okodukai-point-saite?amp =1/

※右側の一番最後の「/」を忘れないように

 

 

リダイレクトには種類がいくつかありますが、どれも初心者には難しい。

「Simple 301 Redirects」は、色々なものを書き換えなくてもプラグインでできるので、ドシロウトでも簡単にできました。

 

「Simple 301 Redirects」は、シンプルで使いやすいプラグインなのでオススメです。

.htaccessファイルを触らなくて良いのが嬉しーい。

 

 

残りはこのサイトのアンプ 404エラーです

いまの所は見つかっていないみたいでした。

ただ他のAMPエラーが来ています

対処方法は下記のページで・・・

【AMPエラー】 404以外の対処方法

 

 

重要事項   サイトマップ(xml)の送信

 

301リダイレクトを行った後は、Xmlサイトマップを送信

 

 

Nurse12.13

iirliinnaa / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンプ・キャッシュの更新    備忘録の段落

 

 

AMPキャッシュの更新は、AMPのページにアクセスするだけです。

 

次のURLにアクセスすれば、AMPキャッシュが更新されます。

https://cdn.ampproject.org/c/s/example.com/aaa/?amp=1

※ツィッターに備忘録として載せました。

最後に誰かが見たページが、キャッシュとして保存される、という感覚でいいと思う。

 

 

 

ただ、リクエストにはルールがあります。

 

ルール:15秒以上空けること

 

一応、ルールを守って、12ページ分のキャッシュの更新をしました・

 

 

アンプ 404エラー解消のメールが届きました

 

「ネットで・・・」は、5日でエラー解消を確認しました

 

2018/12/18に、以下のようなメールが来ていました。

12/13に、サーチコンソールに修正の検証依頼をしましたので、なんと5日です。

過去の経験から1ヶ月近くかかると予想していたので、びっくりです。

 

 

サイト(https://point-site.net/)に関する「AMP」の問題が修正されました

https://point-site.net/ の所有者様

貴サイト(https://point-site.net/)で「AMP」の問題が修正されたことを確認いたしました。今回確認した問題は「URL が見つかりませんでした(404)」です。

貴サイト内の 3 ページで修正が確認されました。

確認プロセスの詳細をチェックし、「AMP」に関する未修正の問題が他にあるかどうかを見るには、次のリンクにアクセスしてください。

google からのメール

 

こんなに返事が早いとは、Ampに関してはグーグルは相当に力を入れているのかな?

ただ、色々な面で制作側としては、Ampに不満はいっぱいです。

しかし、悲しいかな、サイトランクの低さと内容の貧弱さで検索導入を図るためには、どうしても AMPに頼ってしまいます。

 

 

Honeymoon12.19

sasint / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

「資格とワーク」の方は何時ごろにメールが来るのだろう?

「資格とワーク」のAMPエラーの解消を確認するために、サーチコンソールを見てきました。

上の方にあげた10件に関しては、解消されていました。

しかし、新たに3件のAMPエラーが発生していました。

これが次に述べるカバレッジの問題を引き起こしたみたいです。

 

 

カバレッジとは?

  • カバーしている範囲
  • pointあるいはテストカバレッジ(テストにおいて全体のどれくらいの確認が終わったか)の事

インデックス カバレッジ : Google のインデックスの包括的なレポートは、サーチコンソールに新たに付け加えられた機能です。

 

つまり、最初の10件のAMPエラーは解消したが、新しくエラーが発見されたので、エラーの対象範囲の問題が新たに起こったという事、かな?

ということであれば、新規の3件のAMPエラーも301リダイレクトをしたので解消されたはず、→したがってカバレッジの問題も解消されたはず、です。

 

どちらにせよ、AMPは大変です。

 

 

Ps・・・アンプ404エラーを解消したら、アドセンス収益が一気に増えました

もう1つ構文のエラーも解消しています。

見出しの部分には AMP という文字は使えないみたいです。

【AMPエラー】 対処方法2  属性idに無効な値AMPが設定 

 

 

アドセンスの収益が増えるのは当然ですよね。

  1. AMPの正常化によりPVが大幅に増えた
  2. 以前のAMPには、アドセンスが表示されていなかった
  3. サイト的にはどのサイトもかなり弱いので、AMPページ以外は検索の圏外に近い

 

1,2,3が同時に起こったわけですから、瞬時にアドセンス収益は増えるはず。

しかし、時間はかなりかかったが、コンテンツはほとんど変わっていません。

最終的にはコンテンツです。

 

くれぐれAMPの導入は慎重に・・・

Ps・・・テーマをCocoonしても使っています

2019年初にテーマを Simplicity→Cocoon に変更しました。

Cocoonに変えて、沢山のプラグインを外しましたが、このプラグインは使っています。

 

直接の301なら不具合が出たりするみたいですが、プラグインなのでまったく関係ないです。

不具合が出たなら、一度外してから再度有効化するだけです。

ありがとう、Simple 301 Redirects

【プラグイン】 Cocoonに必要最低限7つ+お勧め3つ

 

最後にもう1度 書きます、AMPは慎重に

読了ありがとうございました

また、どこかで・・・