【404ページをカスタマイズ】 来訪者とロボットには親切なのか?

the reason 02.08
この記事の所要時間: 75

気づけば・・・

404(Not Found)ページを乱発していた

AMP対応法を、プラグイン AMP for WordPress から Simplicity2の AMPベータ版へ、変えたのが原因です

※現在はテーマ「Cocoon」を使っています。CocoonでのAMP化は簡単です。そして、ページ毎、カテゴリー毎に除外もできます。

【Cocoon 】 Simplicityから変更する手順

 

AMPエラーに一旦は対処しました。

しかしこれからも、かなりの数の404が出るような気がしています。

というわけで(?) 今回は「404ページ」をカスタマイズする方法です。

スポンサーリンク

404(未検出)を触りたい3つの理由

 

404とは:クライアントの求めるページ等を、サーバが見つけられなかったことを示すもの。

 

  1. 来訪者のため
  2. 不完全なサイトを放っておくのが性格的に嫌
  3. グーグルに気に入ってもらえるため

 

 

グーグルも以下のようなことを言っている

・ユーザーに対して探しているページが見つからないことを明確に伝えること

。404ページのデザインをサイトのその他のページのデザインと同一にすること

・人気のある記事や投稿へのリンク、トップページへのリンクを追加すること

・ウェブサーバーが404HTTPステータスコードを返すことを確認すること

有益な404ページを作成する | Google

 

ゆえに404ページをカスタマイズして、ユーザーの利便性を高めたい。

そして、グーグルのロボットに、他のページもクロールしてもらいたい。

 

 

 

No 12.13

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

404カスタマイズの方法 Simplicityなら簡単

Simplicityなら簡単です

 

通常は404ページは、phpや.htaccessファイルなどをいじって、カスタマイズします。

しかし、Simplicityなら簡単に管理画面から変更できます。

管理画面からカスタマイズできるので、ややこしい操作をすることなく404ページをデザインすることができます。

 

初心者でも安心です。

 

 

 

404カスタマイズの手順  Simplicity

404ページの本文をつくる

  1. WordPressのダッシュボード画面から
  2. 「外観」
  3. 「ウィジェット」
  4. 左側の列にある「利用できるウィジェット」から「テキスト」を選ぶ
  5. 右側にある「404ページ」にテキストをドラッグ

 

 

これで、404ページを自由につくることができました。

 

 

適当な文章を書き込む

「気づけば・・・」では以下のように書きました。

 

ページが見つかりませんでした。
たいへん申し訳ございません。
お探しのページは見つかりませんでした。
以下の方法で目的にあったページをお探しください。

サイトマップを利用する

↓少し変更しました

 

 Not Found

たいへん申し訳ございません。
お探しのページは見つかりませんでした。
以下の方法で目的にあったページをお探しください。

Topへ戻る
サイトマップを利用する

 

 

 

404ページにコンテンツを追加する

404ページには、テキスト以外のコンテンツも追加することができます。

テキストの時と同じ手順で、ドラッグだけで追加できます。

 

 

検索窓 と 人気記事(Woadpress Popular Posts)を選んでみました

 

順番を以下のように変更しました

  1. テキスト(本文+トップへ戻る+サイトマップ)
  2. 検索窓
  3. 人気ページ

 

 

 

404ページ用の画像を設定する

 

  1. WordPressのダッシュボード画面
  2. 「外観」
  3. 「カスタマイズ」
  4. レイアウト(全体・リスト)
  5. 画面の下のほうにある「404イメージ」の「画像を選択する」をクリック
  6. 画像を選択
  7. 画面の上のほうにある「公開する」

 

選んだ画像が表示されているはずです。

これで、全て完了です。

 

 

さっそく、他のサイトでも同様に、404ページのカスタマイズをしてきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

404ページの表示を確認

 

作業が終わったら、404ページがどのように表示されるか、確認することをお勧めします。

自分のサイトにアクセスして、URLの後ろに「/(スラッシュ)」とありえない文字列を入れてみます。

存在しないURLなら何でもいいです。

 

 

管理人1は

https://kizukeba.com/xyz で検索してみました。

すると以下のようにできていました。

 

 

出来上がった404ページには、広告が載っていませんでした。
グーグル・アドセンスも貼られていないので、違反にはなりません、大丈夫です。

※アドセンスを、内容のないページに貼るのはアドセンス規約違反です

 

 

 

 

今回のカスタマイズした404ページ

404ページのカスタマイズ仕上がりです

 

kalhh / Pixabay

 

 

Not Found

 

たいへん申し訳ございません。

お探しのページは見つかりませんでした。
以下の方法で目的にあったページをお探しください。

 

Topへ戻る

 

 

 

 

読了ありがとうございました

また、どこかで・・・