【AMPエラー】  対処方法3 Amazonへのリンクが原因?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 715

気付けば・・・

AMPエラーが少し減っていた

AMPはグーグルの失敗作です

エラーが出まくっています

おそらく他の方も同様だと思います

スポンサーリンク

URL「tpps」が無効です

前回の続きですが、下記部分のエラーが未だ残っているはずです。

あなたの AMP ページは有効ですか?

この問題の詳細
タグ「a」の属性「href」の URL プロトコル「ttps」が無効です。
1 個のインスタンス
行 226:22
<a href=”ttps://support.google.com/adsense/answer/48182?hl=ja” rel=”noopener”>AdSense プログラム ポリシー</a>で確認するようにする</li>

アンプ404エラーは、プラグイン「Simple 301 Redirects」で解決できました。

次の課題であった「無効な値AMP」は、AMPを別の表記で表すことで解決しました。

【301リダイレクト】 404 AMPエラーはプラグインで解決

【AMPエラー】 404以外の対処方法1  属性idの値が無効 

さて今回は、どんな方法があるのだろうか?

結論から  多分うっかりミスです。

単なるリンクエラーだと思います。

ttps://support.google.com

どう見ても ttps:// ではなく  https://だと思います。

さっそく、街頭のページを探して修正してきます。

修正しました、多分チキンと表示されるはずです

【Google Adsense】 アドセンスが貼れないサイトには、何を貼る?

AMPエラーは、このページでは、1箇所だけだったみたいです。

たかがリングのコピー間違いを、リンクミス切れではなくて、エラーとして報告されていました。

単純作業ほど、急いで雑にするとミスが出るものです。

誤字脱字なら大きな影響は無いが、構文のエラーはグーグルからメールが来る。

AMPはどうも完全を求めるみたいです。

本当に初心者には荷が重い。

Amazon

nile / Pixabay

Ps・・・アマゾンへのリンクがアンプエラーの原因?

同じようなエラーが、もう1箇所ありました。

AMP化に伴って、アマゾンアソシエイトへのリンクが、駄目になっていました。

以下のAMPページがエラーでした。

【 新ブログ PVと収益の推移】  3ヶ月目はすべて0でした、しかし・・・

原因は2つ

  1. AMP化アマゾンアソシエイトが固まる原因は<iframe>がAMPでは使えない。
  2. http「s」問題、現在ははamazon側により解消、しかし古くからあるのは変更しなければ・・・

1、<iframe>がアンプでは使えない

タグ「amp-iframe」の属性「src」の URL プロトコル「http」が無効

こちらについても対処法は、簡単でした。

  • プラグイ「[AMP for WordPress」ではなくて、プラグイン「AMP 」を使う
  • またはSimplicityならば、カスタマイザーからAMPを有効にする

Simplicity2の場合

  1. 外観
  2. カスタマイズ
  3. AMP→有効

だけで解消です。

おかげ様でかなりの数のAMPがうまく動くようになりました。

【AMP  Simplicity】  ベータ版利用で簡単でした

特に「資格とワーク」においては、かなりの数のエラーが解消できました。

おかげ様で、グーグル・アドセンスの収益が一気に「極小」から「小」になりました。

もちろん、アマゾン・アソシエイト(もしもアフィリエイトで利用)の収益も、1ヶ月ほど先には上がってくるはず。

後は古くからあるアマゾン・アソシエイトへのリンクだけ

Search Regexというプラグインで、一括置換できます。

ただし、一括変換した後の「元にもどす」ができないので、あまり推奨はできません。

サイト「資格とワーク」でかつて使ってみましたが、大量に失敗してしまいました。

失敗したページはです。

【ビル管理士 要点まとめ】  合格には理解も必要、ゆえに体系づけてみた

当時でも16,000文字ありました、勘違いしていた法律の部分があったので、プラグインで一括置き換えしましたが、変更をしてはいけない法令もありました。

最終的に全て手動で修正しました、面倒くさかったです。

でも管理人2は多分、また「Search Regex」を使うような気がしています。

そして、また失敗するような予感が・・・

終わりに・・・

AMPエラーが、少しづつ治ってきました。

ただし、かなりの時間を使いました。

そして、まだ残っていますし、これからもエラーが出てくる予感がしています。

初心者の管理人1には、荷が重いです。

くれぐれも、AMPを使うときには慎重に・・・

Twitter12.19

Mizter_x94 / Pixabay

Ps・・・Twitterを埋め込んだページにも、アンプエラーが出ています

これについては、ページ毎にAMP検査をして、対処していきたいと思っています。

amp-img src=”https://img.hapitas.jp/img/images/guide/guide08_capture_01.png” width=” 760” height=”448″ alt=”特典” sizes=”(max-width: 760px) 100vw, 760px”></amp-img></figure>

例えば上記でしたら、赤字で書いた760が駄目です。

この数字を有効な値にするか、面倒くさかったら削除です。

今回は、760→386に変更しました。

テスト日時: 2018/12/18、19:42
有効な AMP ページです
このページは、Google 検索結果の AMP 検索機能の対象です

AMPテスト

読了ありがとうございました

またどこかで・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする