【Cocoonなら簡単?】AMPページに関連コンテンツ広告を表示

Thanks 05.28
この記事の所要時間: 1252

気づけば・・・

アクセス激減

セッションもPVも収益も、毎日のように下がっています

 

PV復活は難しいが収益の復活なら、関連コンテンツをAMPに表示させれば、何とかなりそう、かな?

スポンサーリンク

PVが激減した3つの原因は?

ほとんどが、愚痴と雑談です。

本題は最後の段落に・・・

 

「アクセス 一気に激減」ならまだ良かったのだが、一ヶ月前から毎日「ページビュー」が下がっていました。

過去形になっているのは、しばらくの間アナリスティクスもサーチコンソールも見ていなかったからです。

3週間ほど、更新も含めてブログから離れていました。

 

ブログから離れていた理由は嫌になったのではなく、単に資格試験の受験準備で余裕がなかったためです。

 

そして、現在も毎日少しづつ、アクセスもセッションもPVも収益も下がっています。

1つのサイトを除いては、3ヶ月前の半分以下になっている。

そして、除外したサイトも毎日のように「検索導入」が減っています。

 

 

というわけで(?)まずは激減の理由について考察してみた。

※本題は最後の段落です

1、グーグルでアルゴリズムの変化があった

「2019/3/2と3/6に、大きなアルゴリズムがあった」という話をネットで見つけました。

おそらく、その折に低品質だとみなされて、検索順位が下がったのかもしれない。

ただ、サーチコンソールで調べる限りでは、検索順位の変化はほとんどなかったです。

しかし3月には行ってからは、PVが前日より多かった日がないので、タイミング的にはぴたりと合います。

 

2、グーグル・トレンドで判った事

2つほど前の記事でも書きましたが、グーグル・トレンドについては、存在さえ知りませんでした。

しかし、使ってみると「なるほど」と思う部分はありました。

 

ブログをやっている人の多くは、「アクセスの大半が一握りの記事で占められている」ということを、ボンヤリと感じているはずです。

「気づけば・・・」でもそうでした。

国民年金特別催告状に関する記事が、アクセス全体の8割以上を占めていました。

 

 

検索順位が下がったわけではない。

検索ボリュームが時期により、大きく違っていただけです。

ゆえに、検索ボリュームが半分になると、アクセスも半分になり、1/3になるとアクセスも1/3になるというわけです。

 

ちなみに、「検索ボリューム」の推移は、1月頃を100とすると、3月いっぱいは25~40でした。

ゆえに、PVが減るのもモットモです。

 

Google 03.17

Tumisu / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

3、カテゴリーを触りすぎた

これについては、あきらかなミスでした。

2ヶ月ほど前に、あまりにもカテゴリーが少ないため、1カテゴリー辺りの記事数が膨れ上がってしまい、サイトマップがとても不細工な感じでした。

解消のため、カテゴリーをかなり増設しました。

 

 

グーグルの関連コンテンツ広告を、最近になって導入しました。

しかし、広告ばかりで関連コンテンツが表示されないので、カテゴリー辺りのページ数を増やすために、カテゴリーを絞って消していくという作業をやりました。

※関連コンテンツは「カテゴリー」で関連付けられるはず

 

 

カテゴリーを増やしたり、減らしたりを、毎週のようにやっていれば、流石のグーグルロボットもページの内容を把握することは難しい、はず。

後から調べた感じでは、1カテゴリー辺りは10記事ぐらいがいいそうです。

 

※上記のように書きながらも、今日もまたカテゴリーを触ってしまいました。

 

4、「にほんブログ村」 リニューアル以降記事が表示されていない

もともとが、「ブログ村」入村をきっかけに、アクセスが急増したサイトです。

しかし、ブログ村で記事一覧が表示されていないという状況が、ここ2ヶ月近く続いています。

当然、人気記事も新着記事も表示されない。

 

他にも似たような状況の人は沢山います。

これについては、気長に待つ以外はないのだろうか?

 

5、広告の貼りすぎ

試験準備期間はブログは休んでいましたが、息抜きにアドセンスを・・・

気分転換にGoogle AdSenseを訪問して、色々と設定を触っていました。

変えた内容は以下の2つです。

 

  1. 広告テストのために50%にしていた自由広告を、90%近くまで増やした
  2. かねてから気になっていた「関連コンテンツ」を利用

 

 

つまり、サイトが広告だらけに・・・

たいした内容を書いていないページが多いのに、そのうえ広告だらけとは、直帰率や滞在時間がわるくなるのも当然ですね。

しかし、広告の自動テスト中なので、しばらくは減らすことができません。

いっそ思い切って、もっと広告を増やしてみようか?

 

 

 

 

 

 

対応策は?

1、アルゴリズムの変動への対応策

 

  1. まず、自分勝手な文章はできるだけやめる。
  2. 検索者だけに向けて、上質でかつ判り易いコンテンツを作る、です。
  3. 検索者が対象ということはキーワードが対象、すなわちキーワードに即した記事を書く。

 

3については、このページのような複数のクエリを扱ったページを避けること。

この記事のクエリは・・・

  1. Cocoon
  2. グーグルのアルゴリズム
  3. グーグル・トレンド
  4. 関連コンテンツ

と4つぐらいが考えられる。

 

 

もともと、「キーワード」から始めたことは、ほとんどない。

しかし、今後は検索者とグーグルヘ向けて、「キーワード」を意識した記事を書かなければ・・・

 

2、グーグル・トレンドで解かったこと

季節で落ち込むページがあるのは、仕方がない。

しかし、落ち込む時期がわかっているのなら、その時期に取り上げられる話題について新しくペーージを作る。

それによって少しでも検索導入がはかどれば、PVの落ち込みもその分だけ埋められる。

 

3、「カテゴリー・・・」への対応

「カテゴリー」の触りすぎたのが、PV激減の理由かもしれないので、しばらくはソノママで・・・

 

4、「にほんブログ村」への対応

こちらについては、1つだけ実行してみようと思っていることがあります。

3サイトをぶろぐ村に登録しているのですが、1サイトだけが投稿記事が過去記事も含め、掲載されています。

 

 

ずっと、3つのメールアドレスを利用していましが、他サイトの登録みたいなことができたはずです。

「現在投稿記事が表示されているサイトへ、他の2つを登録してみようかな?」

と思っています。

 

それでも駄目ならば・・・選択肢は2つ

  1. ひたすら待つ
  2. ブログ村から離脱

 

上記の記事で書いたように、PVが毎日上がっていくような時期もありました。

特に「にほんブログ村」入村のタイミングでは、PVが急増しました。

しかし、記事は表示されないので、誰も「ブログ村」からは来てくれない。

 

Ps・・・にほんブログ村

アカウントの統合を行いました。

しかし、変化が全くない。

もう少し待って駄目ならば、離脱を考える時期かも・・・

ただ、同じような状況の人は沢山いるので、順位を上げるチャンスではありますが、・・・

 

5、「広告が多すぎる」への対応

アドセンスページで、テストのために、50%→90%ぐらいにした記憶があります。

プラス「気づけば・・・」では、関連コンテンツ広告も新たに始めています。

テストが終わる2ヶ月後までどうしようもないですね。

 

ちなみにアクセス低下の割合は、ここ「気づけば・・・」がダントツに多いです。

今のところ関連コンテンツは失敗みたいです。

 

Teach 03.17

jsks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

収益だけでも確保に行こうか?

「今はまだ収益よりも、サイトの充実をはかる時期である」

理屈では、上記のように理解できている。

しかしPVが半分になると、収益は1/3になる。

 

アクセス急増した原因の1つは、AMPです。

AMPのPVが増えると、その分だけ通常ページのアクセスが減る。

ゆえに、通常ページの収益は低くなる。

 

導入時のランディング記事の大半が、AMPページです。

そして、AMPページには関連コンテンツ広告が貼られていない。

もっとも利益が上がるはずの「関連コンテンツ」も貼られていない以上、表示されない。

当然、クリックなどあるはずもない。

 

という訳で(?)「AMPページにも関連コンテンツ広告を表示したい」を書いていきたいと思います。

 

ここまでで3058文字、未だに本文に入っていないとは・・・

 

ここまで読んでくださった方に、本当に感謝ですね

 

AMPページに関連コンテンツ広告を表示する方法

見出しに書いたように、「Cocoon」なら簡単にできました。

 

グーグル・アドセンスの広告ユニットから、関連コンテンツのコードを表示させ、2箇所の数字をコピーして、ウィゼットに貼り付けるだけ、です。

 

注意点は2つ

  1. ウィジェットは「カスタムHTML」
  2. 表示設定でAMPを選ぶ

 

1、コード作成

まずは通常の関連コンテンツユニットのコードを確認します。

<script async src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js"></script>
<ins class="adsbygoogle"
     style="display:block"
     data-ad-format="autorelaxed"
     data-ad-client="ca-pub-自分の数字壱"
     data-ad-slot="自分の数字弐"></ins>
<script>
     (adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({});
</script>

 

今回上記のコードから「data-ad-client」と「data-ad-slot」の部分を使用します。
(上記のコードでは【自分の数字壱or弐】なっていますが、自分の広告ユニットの番号を挿入)

上記で確認した「data-ad-client」と「data-ad-slot」の英数字を下記のコードに挿入します。

<amp-ad
layout="fixed-height"
height="500"
type="adsense"
data-ad-client="ca-pub-自分の数字 壱" data-ad-slot="自分の数字 弐"> </amp-ad>

 

【自分の数字 壱】【自分の数字 弐】となっている個所に対応する英数字を入力します。
以上でコードの作成は完了です。

 

2、今回使用するウィジェットは「カスタムHTML」です。

  1. カスタムHTMLを【投稿本文下】に設置
  2. 「カスタムHTML」のウィジェットのテキストへコピー

 

3、重要事項   表示設定を忘れないこと

このコードはAMP化されたページにしか使用しないので、「カスタムHTML」の下部にある【表示設定】をクリックします。

 

  1. 「ウィジェットの表示」を「チェック・入力したページで表示」に変更
  2. 「ページ>AMPページ」にチェックマーク

 

関連コンテンツのコードが消えれば正解です

関連コンテンツのコードは特殊らしくて、正しく設定されると消えてしまいます。

つまり、確認して見えなければ正解というわけです。

 

これでおそらく、AMPでも関連コンテンツユニットが表示されているはずです。

ごめんなさい、翌日に知人のスマホで確認しましたが、表示されていませんでした。

何故だろう?

どこかにミスがあったのかも?

それとも、手順が間違っているのだろうか?

 

 

取り合えず、もう一度最初からやってみます。

今度は成功したみたいですので、この手順で正解です。

 

 

さてと、この先どうなることか・・・

PV復活には新規ページを書くことが一番だというのは、解かってはいますが・・・

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・