【株式暴落時の対応を間違った件】  行動を起こす前に、落ち着けよ

Puzzle 05.28
この記事の所要時間: 427

気づけば・・・

ほんと一瞬の判断ミスで、大きなお金を損している

思い起こせば、いつもあせってミスをしていたな・・・

 

スポンサーリンク

ブラックマンデーも調べたし、リーマンショックも経験したのに・・・

 

このページは「株式暴落時の対応方法 反省を込めて」の続編みたいな感じです。

とにかく、熱くなってしまって、手元資金のほとんどを株につぎ込んでしまった。

今が買いどきかもしれないのに、資金ショートです。

リーマンショックの時も同じような事をしていたな

 

 

暴落を察知するのは、本当に難しい。

大暴落が来ることがわかる人など、絶対にいないはず。

 

危ないと思って売却して、しばらくしたら大きく上がっていた、みたいなことは、何度も経験しています。

 

しかし、暴落時には「下手なナンピン」が命取りになることは、経験則でわかっているはず。

「資金があっても、買うのは大底を確認してから」、と以前に反省したことを思い出しました。

 

暴落時には、何もしないのが一番です。

何十年も株式取引を続けていられるのは、それが徹底できているからよ・・・

by 管理人0.2

 

意味なく強気になって、休み時間に大量の新規買い

 

2019年年末に、仕事中にみたネット記事に感銘を受けて、あまり考えずにトイレから株式の「信用新規買い」をしてしまった。

基本的に信用取引では、「つなぎ売り」がメインだったのに・・・

コロナショックと逆オイルショックで大暴落、「投げたり、引いたり、大変でした」

 

下手なナンピンで資金ショート

 

そして、「IPO抽選用」に残しておいた資金で「下手なナンピンすかんぴん」をしてしまった。

NYダウが、24000ドルを切ることがない。

そして日経ダウは、20000円割れでは、日銀のETF買いがはいるので、21000円をメドに考えていました。

 

 

本当にバカですね。

「半値、8掛け、2割引」むかしからの格言です。

暴落時には3割ぐらいまでは、簡単にさがります。

 

その時には「武官肺炎」がここまで拡大するとは思っていなかった。

そして、「原油価格大暴落」に関しては、株式と結びつけるのを失念していました。

 

その他に考え不足で失敗したこと

後先を考えずに「債務整理」をしてしまったせいで、「クレジットカード」を作るのに苦労した

 

大昔にパニックって「小さな借金なにに、債務整理」を、反射的にしてしまった。

その程度のお金ならあったのに・・・

しかも、利息が付かないのをいいことに、返済に5年もかけました。

 

 

 

 

 

そのおかげで、今までずっと「クレジットカード」が作れなかった。

たぶん、某大手銀行系では、「社内ブラック」になっている可能性があるので、いまだに作れないかも・・・

 

 

 

 

「クレカ」を持てなくて、惨めな思いを何年もしていました。

また、「ポイントサイト」で「クレジットカード」を発行したりして、お小遣い稼ぎもしています。

 

クレジットカード作成時には、発行会社を調べて自分がその会社の関連会で不都合なことをしていなかったかを確認してから申し込むようにしています。

※情けないけど、自分がしたミスなので・・・

 

仕事でも、指先が勝手にミスをする

 

指が勝手に動くはずがない。

そして、口も勝手には動かない。

 

このページのまとめ

 

  • 株式相場では、一瞬の判断ミスが取り返しのつかない事態を招くことが多い
  • 損切りが嫌いな体質なので、買うときは慎重にならなければ・・・
  • そして、考えなしの行動でプライベートでも仕事でもミスをした事がある
  • 行動する前にはまず深呼吸、そして、もういちど頭で最悪の場合をシュミレーションする
  • お金は取り返せるかもしれないが、失った信用と時間は戻ってこない

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・