【イオン銀行 デビットカード】 イオンカードが作れなくても大丈夫

Comparison
この記事の所要時間: 1136

気づけば・・・

イオンの株主優待カードが届く時期になっていた

たった100株(20万円ぐらい)で、3%のキャッシュバックは大きすぎる

 

という訳で(?)イオンセレクトカードが欲しいのだけど・・・

スポンサーリンク

イオンの3%還元の条件は、現金またはイオンのカード

イオン関連の店舗では、株主優待カードがあると、3%のキャッシュバックを受けられます。

 

イオン株主カードで3%還元を受ける方法

 

買い物する時に、レジで「イオン株主カード」を出さないと駄目ですよ。

 

どこでもらえるの?。

半年に1回、店舗のB1Fや1F1にあるサービスカウンターでキャッシュバックを受けられます。

 

ただし、上限は半年で100万円までなので、半年で3万円です。

となると年間6万円か・・・

沢山使う人ならあっという間に、株式の購入代金ぐらいキャッシュバックがもらえそうですね。

 

株数を増やしたら、還元率はあがるのかしら?。

 

効率は悪くなるけど、上がりますね。

500株で4%。

1000株で5%

そして、3000株で7%のキャッシュバックです。

 

 

 

イオン株についての詳細は下記のサイトに書きました↓

 

 

キャッシュバックが受けれるのは、「現金」「ワオン」「イオン関連のカード」の3種類

 

5%のポイントバックも同条件

 

 

たまにやっている5%ポイント還元も、現金、ワオン、イオンの各種カード、だけだったはず。

 

いつも使っている楽天カードでは、キャッシュバックが受けられない

 

元ブラックだったけど、苦労してやっとクレジットカードを1つ手に入れました。

しかし、楽天カードでは、株主のキャッシュバックが受けられない。

 

 

「楽天カード」で、かなりの節約が出来ています。

審査についての詳細は下記のページで・・・

 

 

 

イオンセレクト・カードがベストなのは解かっているが・・・

 

イオンカードの詳細は下記のページに・・・

 

 

デビットカードについても上記のページに概要が書かれています。

 

クレジットカード審査には、申し込みブラックという概念が存在する

高齢ホワイトが、クレジットカードを作るのは、最初の1枚が大変です。

1枚作って、「クレジットヒストリー」を積んでいけば、他のカードも簡単に作れるはず。

 

それだったら、「イオンカード・セレクト」を作ればいいのではないのか?

 

 

「楽天カード」が通ったからといて、「イオンセレクトカード」の審査に通るとは限らない。

 

せめて、申し込み履歴が消える半年間ぐらいはまたないと・・・

そして、イオンセレクトカードよりも、欲しいクレジットカードがあります。

申し込みブラックだけは、避けなければ・・・

 

クレジットカードの申し込みを気軽に勧めているサイトもありますが、
一度審査落ちすると「記録」は半年間は残ります。
そして、落ちた会社には永遠に記録が残る可能性も・・・

 

管理人1は過去に、「無料なので1年だけ」と頼まれて付き合いで入った「アメックス」か「ダイナーズ」で年会費を払わずに、強制解約になった記憶があります。

 

もしかしたら、両方ともじゃないの?

預かったクレジットカードの中には、年会費のかかるものはなかったけど・・・。

 

やっぱり両方かな?

若かったから、何も考えていませんでした。

となると、両方とも入れないのかな?

デポジットが効くので、欲しいのだけど・・・

何よりも怖いのは、「楽天カード」の途上与信審査です

「楽天カード」はいい所だらけだが、途上与信で意味不明の使用停止をする事で、有名です。

他のカードに申し込んで審査落ちしたのが理由で使えなくなったら・・・

 

 

楽天カードの途上与信で引っかかったら・・・

楽天経済圏周辺から引っ越そうかな?

 

という事で(?)楽天からの引越し先の候補を挙げてみた

 

楽天銀行→ジャパンネット銀行 & 住信SBI銀行

楽天証券→住信SBI証券

楽天モバイル→Yモバイル

楽天カード→?

 

しかし、NBA楽天だけは続ける以外の選択肢はないなあ。

 

 

Information 10.11

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

という訳で、「イオンカード・セレクト」以外の選択肢として、「イオン・デビットカード」を検証してみたい。

デビットカードとは?

デビットカードとは、銀行に預けている範囲で「Visa」「JCB」「マスターカード」として使えるカードです。

銀行のキャッシュカードと、一体型のデビットカードが、最近では増えています。

 

銀行にある範囲でしか利用できないので、使いすぎるという事はないです。

 

 

余談ですが、「管理人1」は、楽天デビットカードでポイント利用設定をして、スーパーマーケットで、「他社から移動した楽天ポイント」の消化をしています。

「早く、ポイントだけで生活したい。」

 

 

イオンデビットカードは発行手数料や年会費は一切発生しません。

もちろん、2年目以降も条件なしに年会費無料です。

 

イオン銀行デビットカード  JCBとVisaの違いは?

お勧めは銀行一体型(JCB)です。

 

デビットカード単体型はVisaなんだな。

 

「イオンデビットカード Visa」はデビットカード単体のカードであり、[イオン銀行キャッシュ+デビット JCB」はキャッシュカード&デビットカードが一体型になったカードです。

 

 

一体型(JCB)には「WAON」が付いている

キャッシュカード一体型のイオンデビットカード(JCB)では、電子マネー「WAON」が搭載されています。

 

「ワオン」と「WAON」かなりややこしいです、下記のページに詳細を書きましたが・・・

 

 

 

現金で「WAON」にチャージも可能ですが、銀行口座から直接に最大5万円までチャージが可能。

またオートチャージにも対応しており、オートチャージをすると「200円=1WAONポイント」がもらえます。

もちろん、WAONを利用しても同額のポイントを入手できるため、WAONポイントの二重取りが可能です。

 

便利なWAONを利用できるのが、一体型の一番の強みかな?

 

電子マネーWaonは、発行するのに300円の手数料がかかります。

イオンのクレジットカードや、一体型でビットカードなら無料で入手できます。

 

WAONがあれば、ミニストップでお得に税金が払えます。

一体型(JCB)なら金利が高くなる

 

キャッシュカード一体型は、イオン銀行で特典があります。

なんと言っても、イオン銀行口座の預金に発生する金利が「年0.1%(税引後 年0.079%)という高額な金利が発生します。

 

管理人1は「楽天証券」と「楽天銀行」でマネーブリッジをしているので、金利は高いです。

ゆえにこの特典は関係がない。

 

現在、メガバンクの預金金利が0.01~0.05%の中、0.1%の金利は非常に魅力的です。

 

 

そしてもう1つ見逃せないのが、イオン銀行を給与振込の口座にすることで毎月「10WAON」ポイントプレゼントされることです。

 

給与振込みするなら、他のネット銀行でもいろいろと特典があります。

10WAONなら魅力薄です。

ショッピング保険&不正利用時の補償もあり

キャッシュカード一体型(JCB)・デビットカード単体(Visa)の両方とも、「ショッピング保険と不正利用時の補償」が用意されています。

 

ショッピング保険

  • イオンデビットカードで購入された商品(1品5,000円~50万円)が対象
  • 偶然の事故により破損した場合、購入日から180日間まで補償
  • 年間50万円(税込)まで補償されますが、50万円以降は対象外

 

不正利用時の補償

  • 万一、不正利用された場合は不正利用された金額が補償されます
  • イオン銀行が届出を受理し、61日前までさかのぼれる
  • ただし、会員の故意、過失による不正利用は対象外

 

「イオン銀行一体型デビットカード」は、ほとんど「イオンカードセレクト」と変わらない機能を有しています。

年会費も無料なので、もっていて損をするカードではないですね。

 

ワオンへチャージする時のポイント付与率が、少し違うだけです。

イオンカードセレクト 1%

イオン銀行デビット  0,5%

 

イオン銀行デビットからイオンカードセレクトへは切換可能

 

一つだけ注意点があります。

イオンカード・セレクトに切換した場合は、貯まっている「ときめきポイント」が0になってしまいます。

 

ゆえに、切換時には「ときめきポイント」の消化をお忘れなく・・・。

 

銀行口座開設でのポイントサイト経由が「ポイ活」の常識です

 

2019/10/22時点では、「warau」が420円相当でダントツの一番でした。

※ちなみに2位は250円

「music.jp」や「yahooショッピング」でも「warau」が一番でした。

最近がんばっているみたいです。

 

 

という訳で、さっそく「」経由で申し込みをしました。

到着まで、2週間ぐらいかかるらしいです。

※それまでは、イオンでの買い物は現金にしようかな?

 

このページのまとめ

 

  • イオンの株主カードは、3%~のキャッシュバックが受けられる
  • しかし、支払い方法は「現金」「WAON」「イオン関連のカード」限定される
  • イオンカード・セレクトが一番だけど審査がある
  • デビットカードを使えば、問題は解決する
  • イオンデビットカードには、2種類ある
  • 「WAON」付帯の銀行一体型(JCB)が、銀行金利も上がるのでお勧め
  • イオン銀行デビットからイオンカードセレクトは切換可能
  • ポイントサイトでの還元率は「warau」が420円で1番でした

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・