【XサーバーとAdSenseとアマゾンAS】 を選んだたった一つの理由とは?

inheritance 03.25
この記事の所要時間: 228

 

気づけば・・・

・・・domein(ドメイン)の綴りが違っていた。

「気づけば、どっと混む」みたいな感じで、ドメインを選んだつもりでした。

 

comを使おうと思い、20日間探しまわったが、気に入ったのが空いているはずもない。

ふっと思いついてkizukebaと打ってみたら、comが空いていました。

 

喜んで取得してブログを書いていましたが、勘違いに気がつくのが遅すぎました。

かなりのページを公開した後でした。

 

kizukebaではなく kidukebaが正解でした。

「きずけば」ではないです、「気づけば」です。

いまさらどうしようもないので、このままで・・・

 

スポンサーリンク

死んだらブログはどうなるのだろうか?

子供がいます。

まだ一人では生きていけません。

病気になったときには弱気になります。

 

病床ではいろいろなことを考えてしまいます。

生活費や学費のことや、お墓も含めたお寺さんのこと・・・

そしてブログはどうなるのだろうか?

 

ドメインは相続できるが、サーバーは各々違う

domain

ary74 / Pixabay

ドメインは権利を売買できるので、相続には問題がありません。

しかしサーバーに関しては、バラバラでした。

いくつかの相続できるサーバーがありましたが、wpXサーバーもその中に入っていました。

 

アフィリエイト関連は?

楽天アフィリエイトは相続できませんでした。

楽天IDというのが各個人1個ずつだから、らしいです。

GoogleAdsense

jay88ld0 / Pixabay

A8ネットも駄目でした。

 

しかし、Amazonアソシエイトはできました。

相続というよりもともと何人かで利用してもいいみたいな感じです。

 

そして同じく外資系のGoogleAdSenseも相続に関しては問題はなさそうです。

 

たった一つの理由とは「相続ができる」でした

1日あたりにすれば本当に小銭ですが、毎日何もしなくてもお小遣いをもらえるのはうれしいと思います。

金銭や株式や不動産と同様に自分の持っている権利を子供に円滑に残したいと思っているだけです。

 

少しでもお役にたてれば幸いです。