[NBA]  楽天TVで楽しんでいるが、リーグパスにも興味あり

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 653

[NBA] ブログ村キーワード

気づけば・・・

GSWが3連覇・・・

いつもの妄想です、でもカズンズがフィットすれば、可能性は高いです。

ステフィン・カリー、もといゴールデン・ステート・ウォリアーズのファンです。

楽天TVではGSWの全試合を放送してくれます。

でももっとNBAの試合が見たい。

スポンサーリンク

2018-2019シーズンもNBAは面白い

移籍関係だけでも、かなり面白いです。

  1. レブロンがレイカーズに移籍
  2. レナードがラプターズに
  3. デローザンがスパーズに
  4. カズンズがウォリアーズに
  5. その他モロモロ

そして本日、ミネソタ・ティンバーウルブズのジミー・バトラーが、ロケッツに行く可能性があるというニュースをみた。

※移籍には関係ないけど、ロケッツのハーデンがふくらはぎを痛めたらしい、長引かなければいいのだが・・・

いつもの妄想 飛ばしてください

イースト  シクサーズにかつてのエースが・・・

イグダラはウォリーズに在籍している守備の名手です。

かつてアレン・アイバーソンがいた時期のフィラデルフィア・セブンティシクサーズには、アンドレ・イグダラもいた。

その後、アイバーソンがナゲッツに移籍した後には、シクサーズのエースとして、平均18.2得点、5.7アシストと大活躍。

オールスターにも選出されています。

身体能力を生かした守備だけなく、リバウンドも強いです。

Transfers

geralt / Pixabay

GSWでも2015年NBAファイナルで、レブロン・ジェームスを守備で抑えて優勝に貢献しました。

そしてファイナルMVPもイグダラが取りました。

リバウンドが取れて、ボールが運べて、パスセンスが良くて、ダンクも得意で、3ポイントも打つ、その上守備の達人でもあります。

今回はなんとかGSWと契約してくれましたが、サラリーキャップの関係で次回は難しいかも・・・

GSWが駄目ならば、かつて在籍した古巣に功労者として戻るというのはどうかろうか?

ピアースも最後のシーズンはボストンに戻ったし、レブロンもキャブズにUターンした過去もある。

いまのシクサーズには、オールラウンダーでレブロンの後継者になれそうな、昨年の新人王ベン・シモンズがいる。

また、エンビートという3ポイントも打てる才能あふれる若手のビッグマンもいる。

そこにアンドレが加わって廻りをスリーが打てて守備の強い選手で固めれば、おもしろいチームができそうです。

以上100%ありえない妄想でした。

Delusion

geralt / Pixabay

ウエスト  3強ではなく5強に・・・

ウォリアーズ、ロケッツ、ブレイザーズの3強+ジャズ

そこにスパーズまたはレイカーズが加わって5強になるかも・・・

大成長しつつあるヨキッチがいるナゲッツもあなどれないし、とにかく今のウエストは本当におもしろいです。

Delusion2

Rodrigo_Jay / Pixabay

リーグ・パスが誘惑してくる

リーグ・パスの概要

楽天TV経由でリーグパスを購入すれば、月々2400円で全試合が見られるはず。

試合のある日は1日中NBA三昧が楽しめそうです。

しあわせ。

Temptation

139904 / Pixabay

一番の問題は時間だ

ウォリアーズの試合が一番面白いけど、2018~209シーズンは他の試合も面白そう。

もっともっとNBAの試合が見たい。

たった2400円で、全ての試合が見られるなんて嘘みたい。

でも大きな問題があります。

それは時間がもったいない。

もったいないといえば、ごへいがあります。

正確には現況の管理人1には、NBA観戦に費やす時間よりも優先しなければならないことが多すぎる。

Temptation2

C_Scott / Pixabay

残業はほぼ無いけど、ブログを書くのにかなりの時間を費やしています。

資格をとらなければ将来が不安なので、試験前には勉強しなければならない。

料理が好きなのでたまには作りたいし、家事もたまには手伝わなければいけないし、その他にもいろいろとやっている事ややりたいことがあります。

でもNBAがみたい。

毎日たくさんの試合が見たい。

そして欲をいえば、カリフォルニア州のオラクルアリーナで全試合を観戦したい。

たぶん皆さんもそうだろう、しかし問題は経済と時間です。

とりあえずの結論

「楽天TVでGSWだけの試合を楽しむ」と自分に言い聞かせます。

読了ありがとうございました。

またどこかで・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする