[海外旅行]   パスポートは自分でとる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 323

[パスポート] ブログ村キーワード

気づけば・・・

パスポートが切れていた。

たしかに、10年以上海外にはいっていないな

以前は旅行会社に頼んだような気もしますが、もったいない。

というわけで、自分でパスポートを取りにいってみました。

スポンサーリンク

用紙は市役所や区役所に  またはダウンロード

旅券事務所に行かなくても、戸籍謄本を取りに行くついでに、市役所や区役所で用紙が手に入ります。

または外務省のHPでもダウンロードできます。

こちらにもくわしい説明が載っています。

Airport10.18

JESHOOTScom / Pixabay

必要なものが5つもあった

  1. 一般旅券発給申請書 1通
  2. 戸籍謄本(または戸籍抄本) 1通
  3. 住民票の写し 1通
  4. 写真 1葉(貼らずに持っていくこと)
  5. 申請者本人に間違いないことを確認できる書類
    (有効な書類の原本に限ります)

※3,住民票に関しては、県内居住の場合はいらないはずです。

写真は少し大き目がいいかも

スマホアプリで申請している若い女の子もいました。

写真代が節約できますね。

管理人1は他のことでも使いたいので、800円の機械で撮りました。

パスポートサイズ2枚と履歴書サイズが3枚ついていました。

転職なんて怖くない 底辺資格と下層職種で生きていく

ピッタリの大きさで撮ったつもりでしたが、写真が少し小さいとのことで、発券事務所の方で引き伸ばしてくれました。

ゆえに出来上がりは、少しピンボケ気味です。

Travel2

Free-Photos / Pixabay

機械での写真撮影は少し大きめをお勧めします。

各県の旅券発券事務所へ

申請自体は本人でなくても大丈夫です。

そしてその時点では、料金は必要ないです。

1週間後にはパスポートができています。

本人がいけば、証紙を貼った受け取りと交換でパスポートがもらえます。

※10年で16,000円、5年は12000円です。

3women and see

Pexels / Pixabay

Ps・・・パスポートはコピーをとって別に保管

海外では引ったくりが怖いです。

パスポートを取られてしまった場合、コピーを持って大使館に行けばすぐに発券してくれます。

またホテルの予約表や航空券もコピーしておけば、何となく安心です。

読了ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする