【ポイント投資】 楽天ポイント Tポイント dポイント?

Teacher and Black Board 08.11
この記事の所要時間: 729

気づけば・・・

いつもポイントが貯まっている

ポイント消化のために買い物をするよりも、「ポイント投資」で将来に備えたい

 

それほど若くはないですが、お金はいくらあっても困らない

VTI(バンガード・トータルストックマーケットETF)を、ポイントで買っておこうかな?

スポンサーリンク

主要各社ポイント投資一覧

代表的なポイント投資のサービス

 

対象ポイント 対象金融機関および金融商品・サービス等
楽天スーパーポイント楽天証券で取り扱いの投資信託(約2,600銘柄)
TポイントSBIネオモバイル証券(国内上場株式等)
dポイントお金のデザインが設定・運用する投資信託(2コース)
永久不滅ポイントマネックス・セゾン・バンガード投資顧問が設定・運用する
投資信託(4コース)。Stock Pointが提供する株式コース

 

※上記の表は、代表的なポイント投資サービスであり、すべてを網羅しているわけではありません

 

Information 08.011

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

TポイントのSBIネオモバイル証券か? 楽天ポイントの楽天証券か?

ポイント投資で利用できそうなのは?

  • SBIネオモバイル証券 :Tポイントで投資
  • 楽天証券        :楽天ポイントで投資

 

楽天とSBIネオモバイルの2社ぐらいが利用してもよさそうな感じですね

 

SBIネオモバイル証券だけが、ポイントで株式が買える

 

投信ではなく株式というところは、ポイントが大きいです。

 

ネオモバ公式サイト

日本初!Tポイントを使って株が買えるのはSBIグループのSBIネオモバイル証券だけ!1株から株を購入することが可能なため、持っているポイントだけで投資を始めることも可能。

 

 

  1. Tポイントを使って株が買える
  2. 月額200円(税別)で取引放題
  3. 1株から株が買える

 

投資信託ではなくて、株式が買えるというところがポイント大きいですね。

大量にTポイントを保有している方には、ピッタリのサービスかも・・・

 

SBI証券もTポイントプログラムを開始したが・・・

SBI証券は、2019年7月20日よりTポイントプログラムを開始することを発表した。

これによりTポイントで投資信託の買い付けが可能となった。

 

SBI証券では対象となる取引・サービスは、投資信託のみです。

しかし、国内取引のほぼ全てでTポイントが付与されるようになりました。

 

 

SBI証券は、取扱い高No1のネット証券です。

「NISA」口座を開設すれば、手数料無料で利用できます。

「NISA開設」の注意点については、下記のページがお勧めです。

 

 

 

ただ、管理人1は「NISA」は楽天証券で利用しています。

どちらも甲乙つけがたい。

管理人1は、SBI証券を米国ETFのVTI買い付け時に利用しようかなと考えています。

 

 

 

SBI証券がTでなくdだったら、SBI証券に変更したかも・・・

 

dポイント投資は擬似投資なので、手数料が高すぎて儲からない

すいません、独断と偏見です。

 

管理人1が絶対しない2つの投資方法は・・・

  1. アクティブ運用の投資信託
  2. ロボアゾバイザーみたいなお任せ運用

 

どちらも信託報酬や手数料ばかり取られて、顧客が儲かるイメージがまったく湧きません。

 

投資はすべて自己責任、どこでやろうと自由ですが、損をする上記2つには損をするイメージ市乾きません

唯一の自信のあるアドバイスは、手数料の安いものを・・・

Teacher and Blackboard

jsks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

楽天ポイント投資のメリット

 

  1. SPU(スーパーポイントアッププログラム)で楽天市場の商品がポイント+1倍!
    ※500円分以上のポイント投資と、楽天スーパーポイントコースの設定が必要
  2. 100ポイントという少額から可能
  3. 他社のポイント投資サービスと比較して、購入できる投資信託の銘柄数が多い
  4. 一括購入だけでなく、積立購入もできる

 

3の投資信託でのお勧めは「楽天全米株式オープンファンド」です。

※米国、バンガード社の「バンガード・トータル・ストック・マーケットインデックスファンド」に、100%投資しています

 

 

 

楽天ポイント投資のデメリット

  • ポイント投資とはいえ投資。値動きがあるため、ポイントが減る可能性がある
  • 購入できるのは投資信託のみ

 

 

最後にTポイント投資について

「Tポイントは貯まりにくい」という声が多い。

確かに管理人1も、一向にTポイントはたまらない。

クジを引いても外ればかりなので、Yahoo!ズバトクも止めてしまった。

 

株式投資に使えるほどポイントを保有するしている人を、どれくらい見込んでいるのだろう?

還元率の低いTポイントではなく、dポイントや楽天ポイントを貯めている人の方が多いだろう。

そして、両ポイントとも「ポイント投資」サービスを開始している。

 

Premium8

4924546 / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

このページのまとめ

 

  1. dポイントのd投資 :擬似投資なので・・・
  2. 楽天ポイント投資  :米国株ETFか国内インデックスFがお勧め、ポイントバック多い
  3. Tポイント投資1  :SBIネオモバイル証券、株式がTポイントで買える
  4. Tポイント投資2  :SBI証券、Tポイントで投資信託 お勧めだがTポイントは貯まらない

 

それぞれに特色があります。

SBIネオモバイル証券の株式が買えるというのは魅力ですが、Tポイントは楽天ポイントと違って貯めるのが大変です。

ちなみに管理人1は、楽天証券で「楽天・全米株式インデックスファンド」か、SBI証券で「VTI:バンガード・トータルストックマーケットETF」を買う予定です。

※SBI証券では、米国ETFはポイント投資の対象にはなっていません

 

 

NY市場に暴落の気配があるので、大きく下がった時に何段階に分けて買っていきたい。

どちらにせよ管理人1は、基本的に逆張り派です。

時間はかなりかかるが、大損はしない投資方法です。

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・