【砥峰(とのみね)高原】 ススキの海を見たかった

Travel
この記事の所要時間: 348

気づけば・・・

10月も半ばに近づいていた

毎年行っている「砥峰(とのみね)高原」で、ススキの海の中を歩きたかった

 

スポンサーリンク

Go to travel 良さそうだが、休みが取りにくい

 

暇とお金の両方が必要かな

 

「Go to travel」は、本当にお得らしいですね。

と、兄弟が何回か利用した感想を言ってました。

管理人1は、個人的事情でずっと勉強をしていて、旅行の事等考える余裕は無かったのでこれからです。

 

11月に1件だけ予約できました

 

国内なら温泉ですね。

1件だけ予約を入れました。

また、感想などをこのサイトに書きたいと思っています。

「砥峰(とのみね)高原」は、兵庫県のど真中

 

tonomine1

 

 

 

 

 

 

 

 

tonomine2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドラマや映画の舞台によく選ばれています

 

「砥峰(とのみね)高原」は、ススキの名所です。

テレビや映画の舞台にもよくなっているので、画面で見たことをある方も多いはず。

 

tonomine3

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大河ドラマの名作「平清盛」もここで撮影されました。

 

少し早かったかな?  10月末頃がお勧めです

 

tonomine4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

半年間以上、勉強ばかりしていたので、開放と同時に単純にどこかに行きたくなりました。tonomine5

 

 

ススキが満開(?)の時期に、のんびり高原を歩くと、本当に気持ちがいいです。。

 

2週間ほど先に、もう一度行くような予感が・・・。

 

 

そして、「絶品のざるそば」も食べたかった

 

毎年出かける理由の1つに、「美味しいお蕎麦」が食べたい、というのもあります。

「こっとん亭」は、鹿肉でも有名です。

麦とろ定食にも、添えられています。

 

kottontei

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人が大好きな蕎麦は、ご主人が毎朝手打ちをしているとの事。

「ざるそば」と「とろろご飯」のセットもお勧めです。

1,500円ぐらいだったと思う。

 

 

 

このページのまとめ

 

  • 自由に使える時間が取れるようになったので、どこかに行きたかった
  • 10月頃に「砥峰高原」を歩くのを、毎年の恒例にしています
  • 兵庫県の真ん中に位置するススキで有名な砥峰高原に行ってきた
  • 少し早すぎたみたいです
  • お勧めは10月の最終週
  • ついでに絶品のお蕎麦を食しました

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・