【NTTフレッツ光 解約違約金】 eo光に負担してもらう方法 

fast
この記事の所要時間: 135

気づけば・・・

NTTからeo光に乗り換えて3ヶ月が経っていました

半年以内に解約違約金返金の手続きをしないと、お金がもらえないのでもったいない

スポンサーリンク

解約違約金返金の手続きは、2ステップ必要です

  1. 半年以内に、解約違約金申請書を送る
  2. 半年後に、銀行口座を記入して送る

 

期間が長いうえ面倒くさいので後回し。

そして、忘れてしまって期限切れ。

怠惰な性格の管理人1は、やってしまいそうです。

もったいないので、早めにやっておきたい。

 

他社解約違約金をもらう条件は、半年以上利用なので仕方が無いですね。

 

「手続き1」に必要な書類は?  2枚だけ

  1. 「オプテージ」側の「他社解約違約金の返金申請用紙」
  2. 「NTT光」側の「違約金と明記された明細書」

 

「手続き2」 送られてきた用紙に銀行口座を記入して返送する

 

契約半年後に、銀行口座を記入する用紙が送られてくるはずです。

希望する送金先の銀行口座を記入して返信すれば、手続き完了のはず。

 

「・・・はず」、ばかりですみません。

まだ、半年経っていないので・・・

 

このぺーじのまとめ

 

  • WIFI回線を乗り換えた場合には、解約金を負担してもらえる場合が多い
  • 解約代金と明記された明細書が必要
  • eo光の場合には、2段階になっている
  • 面倒くさがらずに、申請する

 

 

読了ありがとうございました

また、どこかで・・・