【NBA Rakuten】ウォリアーズファンだが、最適プランは?

Basketball
この記事の所要時間: 355

気づけば・・・

明日からNBAのプレシーズンが始まる

しかし、まだ視聴プランを決めかねている

スポンサーリンク

お勧め視聴プランは3択

 

  1. ベーシックプラン(月額 990円)
  2. チームパス(月額 1,430円)
  3. リーグパス(年額 19,800円 → 13,860円

 

 

チームパスを購入しようと思い「Rakuten NBA」に入ったときに、年額リーグパスの魅力的な料金が表示されました。

という訳で、明日からGSWがプレシーズンで見られるのに、未だプランを決めていません。

 

 

2020~2021シーズンの日程

 

  • 12月11~19日 NBAプレシーズンゲーム開始
  • 12月22日~2021年3月4日 レギュラーシーズン前半戦
  • 3月5~10日 オールスター休暇
  • 3月11~5月16日 レギュラーシーズン後半戦
  • 5月13~15日 ホール・オブ・フェイム2020 セレモニー
  • 5月18~21日 プレイイン・トーナメント
  • 5月22~7月22日 NBAプレイオフ2021

 

 

ファイナル最終戦までもつれた場合には7月22日です。

なんと、東京オリンピックが始まる前日。

やっぱり、NBAでもオリンピックは無視はできないみたいです。

 

 

管理人1が、GSW以外で観たいプレイヤーは?

 

実力のあるスター選手が見たい

 

アメリカの好ましいところの一つに、実力のある選手の人気が高いところです。

弁慶贔屓は日本人だけの特色なのだろうか?

  • レブロンとADは、やっぱり観たい
  • ロケッツに移籍したカズンズも少し見たい
  • ポール・ジョージとレナードも見たい
  • KDとカイリー・アービングも見たい
  • アデクトンボも観たい

 

 

八村選手のいるウィザーズを、時間を使ってまで見たくない

 

おそらく、ベーシックプランでは、日本人選手の登場回数が増えると思います。

もちろん、日本人として応援はしますが、貴重な時間を割いてまで試合を観たいとは思わない。

 

 

たしかに、ウエストブロックは素晴らしい選手だが、勝負という面ではイマイチ信頼に欠ける。

たとえ、イーストでもウィザーズが、上位に行けるイメージがない。

イーストなら、KD復活の「ネッツ」か、好守の「セルティックス」かな・・・?

 

 

 

単純にNBAが好きです。

特にGSWのファンです。

来年こそは、渡米してウォリアーズ観戦をしたい。

 

 

管理人1の選んだ視聴プランは?  チームパス月額

 

初年度のように「GSW」は全試合放送というのはありえないので、「ベーシックプラン」は選択肢から外れます。

コスパを考えたら「リーグパス(年額)」ですが、NBA観戦にかなりの時間を使ってしまいそうで怖い。

 

  1. 開幕からファイナル終了まで7ヶ月あるので、チームパス(月額)なら 1,430円×7ヶ月=10,010円
  2. リーグパスの年額が13,860円

 

 

あきらかにリーグパスがお得なのだが、以下の3点からチームパス月額にしたいと思います。

 

  1. ウォリアーズがファイナルに出られない、または早い段階で敗退
  2. 新型コロナの影響でシーズン短縮または途中で終了の可能性があり
  3. なによりも、NBAばかりの時間を費やせるほど余裕のある生活をおくっていない

 

このページのまとめ

 

  • 12月11~19日 NBAプレシーズンゲーム開始
  • リーグパス年額プランが、大幅割引でお得
  • しかし、管理人1はチームパス月額プランにした

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・