【Yahoo!Japanカード】 元ブラックが作れるのか?

Good 08.28
この記事の所要時間: 1013

気づけば・・・

11月11日まで3ヶ月を切っていた

11月11日は「ヤフーカード」申し込みのチャンスです

スポンサーリンク

Yahoo!Japanカードの概要

 

Yahoo! JAPANカード(ヤフーカード)はヤフーの子会社、ワイジェイカード株式会社が発行しているクレジットカードです。

 

年会費無料   Yahoo!Japanで3%還元

年会費ポイント還元率ポイント名
初年度2年目~
無料無料1%~3%Tポイント
発行スピード限度額ポイント有効期限ETC年会費
1週間から10日程度1年間500円(税抜)

 

Yahooやロハコでのネットショッピングには、「ヤフーカード」がお勧めです。

管理人1もぜひ欲しいと思っている1枚だが、審査が少し心配です。

「ヤフーカード」よりも先に「楽天カード」と「イオンカード」の方が欲しいので、大キャンペーンの行われる11月迄待ちますか?

 

 

「ヤフーカード入会」  11月11日がお勧めです

11月11日が有利な理由は下記のサイトに書きました

その時には「ポイントサイト」でも扱っている可能性が高いです

 

 

※2019/08/13時点では、扱っているポイントサイトがありません

やはり、チャンスは11月11日なのか?

 

ごめんなさい。2019/11/11は、何も無かったです。

ただ、2019/12/05~ ポイントサイトでの取扱いが始まっています。

たぶん、早急に終わってしまうと思うので、「ヤフーカード」を考えている人は、お早めに・・・

 

 

PayPayに唯一チャージできるクレジットカード

PayPayのロゴ

大人気のスマホ決済サービス「PayPay」。

 

Yahoo! JAPANカードだけが、PayPayに残高をチャージできる唯一のクレジットカードです。

 

他社クレジットカードは支払い方法として登録はできますが、PayPay残高にチャージをすることができません。
PayPayのシステム上、買物の際の支払金額がPayPay残高より大きい場合には、全額クレジットカードからの支払いとなり、PayPay残高は残ったままになります。
それを繰り返すとPayPay残高を使い切ることができず、失効してしまう可能性があります。

ヤフーカードなら必要に応じてPayPay残高にチャージができるので、失効させる心配もなく有効に活用することができます。

 

管理人1はスマホ決済には、まだ手を着けていません。

お金に関することなので、事故が怖い。

もう少し落ち着いてきたら考えてみようかな?

 

以下のような記事を見つけたので、もう少し様子をみようかな?

 

 

 

セブン‐イレブン各店で「毎週100円相当」がお得になるキャンペーンが行われる。

対象になるのは、PayPay、メルペイ、LINE Payでのコード決済(メルペイはiDも)
これまでとは異なり、少額決済で恩恵を受けられ、決済額よりも「回数」に重きを置いたキャンペーンだ。

各社がしのぎを削る「Pay戦争」は、このところチキンレースの様相を呈している。
LINEは19年1~6月期連結決算で、最終損益が266億円の赤字に。メルペイを擁するメルカリも、
6月期(18年7月~19年6月)の連結決算で、純損益が137億円の赤字。
PayPayを持つヤフーの第1四半期(4~6月)は増収ながら減益になった。
いずれも背景には、コード決済の大規模キャンペーンがある

そこに来ての、大手連合による「100円還元」。決済回数増にもつながる、このキャンペーンが成功すれば、各社が還元率でインパクトを競う流れに、歯止めがかかるだろう

その先にあるのは、淘汰か、繁栄か?
いずれにせよ、今後のキャッシュレス業界のカギを握りそうだ。

Chart2 08.13

geralt / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

「PayPay」を使ってみました。

思ったよりも簡単で、しかも安全そうです。

10月にはいると、キャッシュレス化はますます進みそうです。

その主役は、「PayPay」になるかも?

 

という訳(?)で、ますます「ヤフーカード」が欲しくなる。

ヤフーカードの審査に通るために、今出来ることは無いだろうか?

 

 

 

ライバルは楽天カード?

 

ヤフーカードのライバルは、楽天カードなのか?

ライバルといえばライバルかもしれませんが、どちらかといえば共存の関係かな?

 

楽天市場では「楽天カード」、Yahoo!Japanでは「ヤフーカード」を利用すれば、ポイント付与率が3倍~5倍になります。

ゆえに、カードを使い分けている人が多いです。

審査も含めて楽天カードの詳細は、以下のページに書きました・・・

 

 

 

 

Tポイントの減衰について

 

「Tポイント」は、衰退の方向へ向かっています。

共通ポイントの雄でしたが・・・

 

「PayPay」にも参加できなかったし、「個人情報流出事件」も記憶にまだ新しい。

そして、何よりも「Tポイントが貯まりにくくなった」と個人的には思っています。

 

SBI証券やSBIネオモバイル証券で、「Tポイント」にからんだ新サービスをやっているみたいですが、証券会社自体に魅力はあるのにTポイントとところに躊躇を覚えたりもしています。

 

でも「Tポイント」は、共通ポイントの先駆けなので、なんとか頑張ってもらいです。

最近では「Tマガジン」がなかなか良かったです。

 

 

No Good 08.13

dadaworks / Pixabay

 

 

 

 

 

 

 

 

Yahoo!Japanカードの審査について

 

80歳過ぎの年金生活者でも、簡単にヤフーカードが作れました。

ヤフーカードの審査は本当に甘いのか?

ヤフーカードの審査は甘いという噂がある。

 

「ヤフーカード(ヤフーカード)の審査は通りやすい?」

「ヤフーカードの審査はなんで2分で結果がわかるの?」

 

コンピューター審査でも、人力の審査でも基本的には審査の基準は甘いと言われているヤフーカード。

たしかにかなり甘そうですね?

 

ヤフーカードの審査概要

  1. 「継続収入があること」
  2. 機械によるスコアリングで決定している
  3. 発行元はワイジェイカード
  4. 信用情報機関も参照される
  5. 預金額・配偶者の年収も影響する

発行元はワイジェイカード

「Yahoo! JAPANカード」は、ヤフー株式会社とワイジェイカード株式会社が提携して発行しています。

ワイジェイカード株式会社は、本社を福岡に置くヤフーの連結子会社です。

ヤフーカードのほかソフトバンクカードの発行も行っています。

 

 

また、りそな銀行のほか、筑邦銀行・西日本シティ銀行など、九州の地方銀行のローンの信用保証業務も行っています。

ワイジェイカードが審査に携わるカードを持っている場合は、その取引状況が審査に関係する可能性があります。

 

ワイジャイと過去にトラブルがあった人は、かなり難しそう。

しかし、それ以外の場合は・・・

 

ヤフーカードの審査に落ちる4つの理由

  1. 信用情報がブラックである
  2. 社内ブラックになっている
  3. 安定した収入がない
  4. クレヒスがない

 

1、信用情報がブラックについては

消えるまで待つ。

自己破産は10年、それ以外は5年で消えます。

心配な方は、CICとJICCに問い合わせを・・・

 

 

2、の社内ブラックについては、ヤフーカードはあきらめる

 

ヤフーカードの審査を行っているワイジェイカードが発行するカードで、長期延滞や貸倒、債務整理などのトラブルを起こしたことがある場合、社内ブラックになっているはず。

その場合は、永久に消えないのでヤフーカードはあきらめる。

 

3、は安定した収入を作ってから申し込む

 

4、30代・40代を超えてクレヒスがない人が申し込みをすると、信用できるか分からず審査に通らない可能性があります。

これについては、申し込んでみないとわからない。

しかし、色々な方法があることはあります。

お勧めは、誰でも作れるクレジット・カードでクレヒスを積むこと

 

 

 

Yahoo!Japanカード審査に落ちても、デポジット型ライフカードがある

「ヤフーカード」以外にも、審査が甘いカードはあります。

しかし、申し込みブラックは避けたいし、1度断られてしまうと再審査を申し込みにくい、と考える管理人1のような人も多いはず。

そんな方には、下記のページがお勧めです。

 

 

デポジット型なので、審査に落ちる可能性は「0に近いくらい」

このカードでクレジット・ヒストリーを積み上げて、本当に欲しいカードを手に入れる。

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・