【リクルートカード 審査難易度】 申し込む前にこれだけは確認

prayer
この記事の所要時間: 358

気づけば・・・

2月に入ろうとしている

早く「リクルートカード」に申し込みをしなければ・・・

スポンサーリンク

リクルートカードの審査難易度は?

 

1月~3月は、リクルートカード発行できる時期だけど、審査はいつも心配です。

特に元ブラックならなおさらです。

ゆえに申し込みの前に、審査について調べてみた。

 

難易度は低です   18歳以上、本人または配偶者に安定した収入

 

リクルートカードの申し込み資格は「18歳以上で、本人または配偶者に安定した収入のあるかた(学生可)」となっています。

 

必要な年収は、100万以上?

 

サイトによっては50万円以上となっているところもあるので、年収に関してはそれほど気にしなくてもいいかも。

 

クレジットヒストリーは?  クレヒスが一番大事かな?

 

リクルートカードの審査に関する口コミを見てみると、50代のスーパーホワイトでも問題無く審査に通ったという事例も見られます。

 

ゆえに、クレヒスに傷がなければ大丈夫そうです。

 

5ヶ月前まで、スーパーホワイト(ブラック?)で、少々申込み多重気味の管理人1さんでも余裕で通りそうですね。

 

3ヶ月以上の支払い遅れや、多重借り入れをしていなければ、
「リクルートカード」は作れそうな感じです。

※ちなみに管理人1は、半年ほど前まではブラックで、先月も1つクレジットカードを作っています。

 

 

リクルートカード申込み時に、気をつける3つのこと

 

要リクルートIDです。

無ければ入会手続きの途中で作れますが、作成に多少の手間がかかるかも

 

申し込み時に記入した内容は?

 

氏名、生年月日、住所、住居形態、勤め先、年収、他社の借り入れ状況など基本的なことは他のクレカと同じです。

 

楽天カードと比べてみた

 

楽天カードと違っていたところ。

 

  • 職業については、副業をしている場合を考慮したのか、記入欄が2つありました
  • 世帯年収記入欄なし
  • 配偶者年収記入欄なし
  • 保有金融資産記入欄なし

 

 

楽天の場合は、楽天銀行デビットカードも楽天証券もずっと利用していましたし、楽天ランクはずっとプラチナでした。

しかし、リクルートサービスはほとんど利用したことが無いです。

 

「リクルートカード」入会で、気をつけるべき3つ事

 

  1. キャッシング枠は0円で
  2. 銀行口座をオンラインで登録
  3. そして、キャンペーンを狙う(?)

 

キャッシング枠があると、余計な審査が入ってきます。

 

※海外旅行時には、キャッシング枠があると便利ですが・・・

審査通過のためには、我慢我慢

 

銀行口座のオンライン登録には、通帳の最終残高記入が必要でした。

銀行口座があるという事は、多少の信用につながるかも・・・

 

※ちなみに、審査機関は三菱UFJニコスなので、三菱銀行の口座を申請しました。後日に「楽天銀行」に変更するつもりです。

 

 

という訳(?)でキャンペーンを狙って申し込んでみた

 

申し込み時の状況を下記のページに書きます。

 

 

このページのまとめ

 

  • リクルートカードは、年会費無料の高還元カード
  • しかも、国内、海外旅行保険も付いている(利用付帯)
  • 審査難易度は、「低」です
  • クレジットカードの審査は常に心配なので、事前に作戦を練ってみた

 

 

読了、ありがとうございました

また、どこかで・・・