[広島風  お好み焼き]  関西風は10分では無理だけど・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事の所要時間: 47

[お好み焼き] ブログ村キーワード

気づけば・・・

いつもお好み焼きを焼いている。

お好み焼きが大好きです、野菜も大量に取れます。

家族の好みで関、西風のモダン焼きをすることが多いですが、少し手間がかかります。

時間がない時にサッとできて、わりと評判がいいのは「広島風、お好み焼きです」

スポンサーリンク

お好み焼きを10分間で作る5つの方法

  1. 焼きそばは、ソース付きのものを使う
  2. お好み焼き粉は市販のものを使う:風月というのを使っています
  3. 出汁はインスタントのカツオと昆布
  4. キャベツは、千切りにしたのを買う
  5. フライパンを3つ使う

ほとんどインスタントに近いですが、味のポイントは出汁を大量に使うことです。

そして、黒コショウが結構いいアクセントになっています。

Honeymoon11.05

sasint / Pixabay

簡易版、広島風お好み焼きの材料

  1. 千切りキャベツ
  2. もやし
  3. 豚ばら肉
  4. お好み焼き粉
  5. 焼きそば:ソース付き
  6. テンカス:または「イカの姿揚げ」
  7. 塩コショウ
  8. 粒コショウ
  9. ソース
  10. 青海苔
  11. かつお節
  12. マヨネーズ(お好みで)

けっこう多いように感じますが、基本的には家にあるものがほとんどです。

ポイントは、出汁を大目に使う、塩コショウとは別にコショウもつかう、そして「イカの姿揚げ」をちぎって入れるといい旨味がでます

フライパンはコンロの数だけ用意します

さっそく3人分を作ってみた

フライパン1

  1. 豚バラ肉に塩コショウして炒めて取り出て大皿に移す
  2. 焼きそばを2つ並べて、出汁をかけて蒸し焼きに
  3. 焼きそばにソースをからめて、大皿に移す
  4. 塩コショウを振ってもやしを炒め、大皿に移す
  5. 出汁でかなり薄めに溶いたお好み焼き粉を、クレープの容量で焼く
  6. 裏面がしっかり焼けたら、もやしを並べる
  7. 「イカの姿フライ」またはテンカスを並べる
  8. 千切りキャベツを並べる
  9. 焼いてあった豚バラ肉を並べる
  10. 粒コショウをお好みでふる
  11. 焼きそばを真ん中を空けて並べる
  12. 生卵を真ん中に落とす
  13. 卵の上に焼きそばをかぶす
  14. さらに水で薄めたお好み焼き粉をかける
  15. フライパンを振って、ひっくり返す
  16. しっかり焼けたら、もう一度ひっくり返す
  17. ふたを被せて、ほんの少々の水(大匙半分)で蒸し焼きにする

以上で出来上がりです。

フライパン2・3

フライパン1をひっくり返したタイミング(15)で、上記の5から始める。

もう1枚も同様に焼いていく。

1が焼けれた、2を蒸し焼きに・・・

というタイミングで、いつもやっています。

Like9.29

出来上がったら、包丁を使おう

「大き目の平皿に並べ、包丁を使って切り分ける」と上手く切ることができます。

広島風はけっこう中に水分が残っていますので、切るのがけっこう難しいが、慣れれば上手になります。

大量のキャベツとモヤシが取れるので、栄養面でもマアマアかな、と思っています。

読了ありがとうございました。

またどこかで・・・

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする